• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

昭和の大スター・奈良岡朋子が令和に伝えたい貴重な話を語る『サワコの朝』11・16放送

『サワコの朝』

 11月16日(土)放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)に、女優の奈良岡朋子が登場する。

 学生時代に演劇を始めた奈良岡は、1950年に劇団民藝の創設メンバーに。舞台にとどまらず、映画、テレビと幅広い分野で人々を魅了し、一躍人気女優となった。そんな奈良岡は、今年で90歳。2013年の初演以来、全国を巡って一人語り「黒い雨-八月六日広島にて、矢須子-」の上演を重ねるなど、今も現役で活躍している。

『サワコの朝』

「歳のわりには、よく動き回っていたんですけど、ちゃんとお返しが来まして…」と、仕事のしすぎで体調を崩したこともあったと話す奈良岡。しかし、役者として戦争の悲劇を伝えたいという想いを胸に活動に邁進していると語る。

 一緒に全国を回るメンバーは、奈良岡が代表を務める劇団民藝のメンバーで「創立から知っている人間がいなくなっちゃった」と語り「今役者としてやっていられるのは、宇野演出の厳しさに耐え抜いたから」と、厳しかった演出家・宇野重吉とのエピソードを明かす。

 また、親交が深かった美空ひばりとの秘話や、石原裕次郎に次いでボス役を演じたドラマ『太陽にほえろ!』にまつわる話を披露する。

『サワコの朝』
MBS/TBS系
11月16日(土)前7・30~8・00

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真