結木滉星が佐野勇斗&飯豊まりえ『僕だけが17歳の世界で』に出演 | TV LIFE web

結木滉星が佐野勇斗&飯豊まりえ『僕だけが17歳の世界で』に出演

エンタメ総合
2019年12月24日
結木滉星

 無料インターネットテレビ局・AbemaTVで2020年2月20日(木)から放送される、佐野勇斗&飯豊まりえW主演のオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』に、結木滉星が出演することが決定した。

 本作は、幼なじみの航太(佐野)と芽衣(飯豊)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。

『僕だけが17歳の世界で』

 結木が演じるのは、佐野演じる航太の親友で、頭も容姿もよく周囲からの憧れの存在である石川伊織役。伊織は、高校3年生の時に起きたある出来事をきっかけに、芽衣たち幼なじみメンバーとは疎遠になってしまう。

<結木滉星(石川伊織 役)コメント>

今回、石川伊織役を演じさせていただきます結木滉星です。
昔から“THE青春もの”な作品が大好きだったので、出演が決まった時は素直にうれしかったです
脚本を読んだ感想としては、面白い!甘酸っぱくて心にグサッとくる!とにかく早く演じたいと思いました。
伊織はこのドラマにおいてキーパーソンになる重要な役柄なので、しっかりと準備して臨みたいと思います。
ただ作りすぎずに自然に演じていきたいとも考えています。
また、伊織にとっていろいろな感情が生まれる「航太に対する想い」という所を大切にしていきたいです。

◆今の自分だからこそ言える17歳の自分へのメッセージ
二十歳を超えると本当に1年があっという間です。今を全力で楽しんでください。悔いのないように今を生きてください。

◆視聴者に向けて見どころ・メッセージ
キュンとする甘酸っぱい恋愛はもちろん、大人になった今、僕たちは自分に正直に生きているのか僕自身台本を読んでとても考えさせられました。
航太の真っすぐな言葉、行動が、24歳になった芽衣や伊織たちにどう影響を与えるか注目して見ていただきたいです。

『僕だけが17歳の世界で』予告動画
「24歳の君へ」航太編/「17歳の君へ」芽衣編

AbemaTV『僕だけが17歳の世界で』
放送日程:2020年2月20日(木)後11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AQvnoNRKuZCbLs
番組公式Instagram:https://www.instagram.com/sakura_neco17/ 

脚本:相沢友子
監督:小椋久雄
プロデューサー:藤野良太
制作著作:AbemaTV

<キャスト>
佐野勇斗
飯豊まりえ
結木滉星

<イントロダクション>
『もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい。』
誠実でピュアな航太(佐野勇斗)と曲がったことが嫌いな芽衣(飯豊まりえ)は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼なじみの高校三年生。そんな2人はお互いを意識し始め、“好き”という想いをいつだって伝えられると思っていたが、卒業を待たずして航太は突然この世を去ってしまう…。
それから7年後の2020年。真冬に季節はずれの桜が咲いたことを知った芽衣は、航太の死のショックから離れてしまった故郷に7年ぶりに戻り、美しく咲き誇る満開の桜の木の下を訪れる。そこに現れたのは、死んだはずの、“あの日”の航太だった――。
心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。
奇跡の桜が咲いている間しかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で芽衣に想いを伝えることができるのか――。
もどかしくも応援したくなる航太と芽衣の幼なじみの恋の行方は…。最後に二人がとった運命の選択は何なのか――。さらに航太の死に隠された衝撃の秘密とは…。

©AbemaTV