• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ぼんちおさむ、トミーズ雅らが『義母と娘のブルースSP』に出演

『義母と娘のブルースSP』

 2020年1月2日(木)に放送される『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)に、ザ・ぼんちのぼんちおさむ、トミーズのトミーズ雅らが出演することが分かった。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月クールに火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす10年間を描いた。

 謹賀新年スペシャルでは、連ドラの1年後がオリジナルストーリーで描かれ、綾瀬はるか、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未らレギュラーキャストが顔をそろえるほか、連ドラの中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊も出演する。

 追加キャストとして出演が発表されたのは、ぼんちおさむ、トミーズ雅、吉本新喜劇の佐藤太一郎、なかやまきんに君。バラエティ豊かな面々が『ぎぼむす』の世界を盛り上げる。

『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』
TBS系
2020年1月2日(木)後9時~

<あらすじ>
義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。
女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。
そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇。さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた。そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子供が!?「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」この意味不明な状況に混乱する亜希子。「これは一体どうしたことでしょう!」こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。
「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時にけんかし、また寄り添っていく。
周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。
このドラマは、一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。

公式Twitterアカウント:@gibomusu__tbs

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える