関西ジャニーズJr.古謝那伊留の初主演舞台『ミクロワールド・シンフォニア』開幕 | TV LIFE web

関西ジャニーズJr.古謝那伊留の初主演舞台『ミクロワールド・シンフォニア』開幕

エンタメ総合
2020年01月06日
『ミクロワールド・シンフォニア』

 WBB vol.16 『ミクロワールド・シンフォニア』の公開ゲネプロが行われ、古謝那伊留(関西ジャニーズJr.)、佐野瑞樹、佐野大樹、秋山大河(MADE/ジャニーズJr.)らキャスト陣が出席した。

 本作は、佐野瑞樹、佐野大樹による兄弟エンターテインメントワールド。奇数回公演は、兄の瑞樹、偶数回公演は弟の大樹がそれぞれの企画を担当し、異なるカラーの作品を上演する。

写真をもっと見る(全10枚)

 第16回となる本作は、佐野大樹が演出を担当する「Side-B」として笑いとアクション満載で送る。2017年に、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)と佐野瑞樹主演で上演された人気作、WBB Vol.12『ミクロワールド・ファンタジア』の世界観をそのままに描く、虫たちの新たな奇跡の物語だ。

 古謝演じる勤勉で正直者、働きアリのアンドリューは、いつか虫たちのエンターテインメントの聖地“シンシティ”でステージに立つことを夢見て“シンシティ”へ向かう。そこで出会った、音楽をこよなく愛するラッパーのキリギリス・グレッグ(松井遥己)に、“シンシティ”で音楽が禁止されたことを教えられる。“シンシティ”で唯一音楽が認められている、アンドリュー憧れのブロードウェイ劇場で、音楽を禁止したフィクサーG(秋山)と対決することになる。

「この劇場は、僕が守る!」と立ち上がったアンドリューと仲間たちは「努力」と「絆」を武器にフィクサーGに立ち向かう。その時代遅れの彼らの武器が、果たして“シンシティ”に奇跡を呼ぶのか。

 本編の途中には、即興芝居を行うひと幕も。ゲネプロでは、佐野瑞樹演じる藤崎もアンドリューたちと一緒に「パンを盗んだ男がひと目ぼれする話」を代わる代わる演じ、笑いを誘っていた。

 最後のカーテンコールで、佐野瑞樹が「この後初日ということで、このメンバーで千秋楽まで、頑張ってお客さんを楽しませていきたいと思っております」とあいさつした。

 WBB vol.16 『ミクロワールド・シンフォニア』は、1月11日(土)まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演される。

WBB vol.16 『ミクロワールド・シンフォニア』

原案:小峯裕之
脚本:佐野瑞樹
演出:佐野大樹
振付:OH-SE(電撃チョモランマ隊)

CAST:古謝那伊留(関西ジャニーズJr.)/佐野瑞樹 吉澤翼 松井遥己 空乃みゆ/OH-SE(電撃チョモランマ隊)/和泉宗兵/佐野大樹/高根正樹 北川雄也/秋山大河(MADE/ジャニーズJr.)

公式サイト:http://www.w-b-bros.jp/