千葉雄大「現場でブイブイ言わせていました」映画『スマホを落としただけなのに』続編 | TV LIFE web

千葉雄大「現場でブイブイ言わせていました」映画『スマホを落としただけなのに』続編

エンタメ総合
2020年01月31日

 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶に千葉雄大、白石麻衣、成田凌、鈴木裕樹、井浦新が登壇した。

 2018年に公開された北川景子主演の映画『スマホを落としただけなのに』の続編。前作で事件を解決に導いた千葉演じる刑事・加賀谷が本作の主人公。連続殺人鬼・浦野を演じた成田も続投。加賀谷の恋人・美乃里を白石が演じ、スマホの迫りくる新たな恐怖を描く。

 主演の千葉は「(続編に)まさかのっていう感じで本当にびっくりしましたし、また前作に引き続いて、キャストともお芝居できてよかったと思います。主演なので、皆さんを引っ張っていく心づもりで現場に挑んだのでブイブイ言わせていました」とドヤ顔。これに成田は「もうブイブイ言わされていました。僕と白石さんでブイブイを分け合って…すみませんよく分からないですね、キャンセルで!」とセルフツッコミで笑いを誘った。

 前作の反響を成田は、「初対面の方には必ずと言っていいほどスマホのイメージがって言われて、なかなか目を合わせてくれない方がほとんどでした。特に女性の方からは“近寄らないでください”と言われて、“よかった成功だ。中田監督ありがとうございます!”という気持ちで日々を過ごしていました」と振り返る。

 美乃里を狙う謎の男を演じた井浦は「成田君の演じた浦野の芝居は本当に気持ち悪いなと思って見ていました。僕も今回は前作のクオリティーをちゃんとキープしながら新しい風を吹かせられたらなっていうのと、成田君のキモい系俳優にどこまで近づけるかっていうキモい対決にしたいなって思っています」と成田への闘争心を見せた。

 また、今作の犯人・殺人鬼“M”の正体がだれなのかSNSで話題になったことから男性キャストが「我こそは犯人Mだ」とプレゼン大会を開催し、一番頑張ったキャストには白石さんからプレゼントがもらえることに。トップバッターとなった成田は舞台全体を大きく動き回りながら「皆さん、前作はご覧にいただけましたでしょうか? 僕、前作で言いました。“ぜーんぶ僕です!”と。そして今回の題名『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』、それはつまりそう、僕でーす!』以上です!」と役の勢いそのままのプレゼンを披露。

 そんな成田に「動けばいいってもんじゃないから」とダメ出しした井浦は「どう考えても僕が犯人だからオファーを受けているっていうのが前提にあって、この作品には参加しているんですね。僕ポスターには出ないようにしたかったんです。なんでというと僕が明らかに犯人の様相なので」と主張。

 続く3番手、鈴木は「僕の役の笹岡一は加賀谷君と立ち上げた会社の社長をやっていて、従業員として美乃里ちゃんが働いているんです。もし僕がこの美乃里ちゃんを奪いたいと思っているのだとすれば…。そして、もう一つ。僕が働いている会社の屋台骨となっているのがなんと加賀谷君が作ったデータのソフトなんです。この権利も一緒に奪いたいと思ってるんだとしたら動機は十分じゃないですか?」と説得力のある説明を。

 そして、最後に千葉は「皆さんさん、お疲れ様でしたって感じですよね」とあおり、「皆さんお忘れではないですか。僕の役名。加賀谷学。まなぶ? イニシャルMじゃね ? って。作品としても、やっぱ主演が犯人って新しくないですか? これを皆さんにご提示したい。あと、(ポスターの)あのフード黒いシルエット、あのかわいらしい輪郭のフォルム、僕しかいないじゃないですか! あと役を降りても誰よりもこの中で二面性があるのは…僕です!」と犯人である3つの理由を挙げた。

 個性の強い4人のプレゼンが終わり、白石が選んだのは千葉。白石は「主演らしい説得力のある素晴らしいプレゼンでした。やっぱり、一言目の声の出方が良かったですし、そこにぐっと持ってかれたなと」。選ばれた千葉は「(声の出方は)正直自分でもびっくりしました。そして皆さんもびっくりさせてしまったかもしれませんね。何年やってんだって。失礼しました」と照れ笑い。

 イベントの最後に、千葉は「いよいよ始まったなという感じがすごくします。主演として何ができたら分からないですけど、本当にミステリーとしても楽しんでいただけると思いますし人間ドラマとしても見どころのある作品になると思います。楽しんでいただけることを願っております」と。そして映画の主題歌『どろん』と掛けて「どろんします」と舞台を後にした。

 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は2月21日(金)より全国東宝系にて公開される。