• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“きよ様”清原翔の誕生日を松下奈緒がサプライズ祝福!『アライブ』

『アライブ がん専門医のカルテ』

 松下奈緒主演ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)に出演する清原翔が27歳を迎えた2月2日、収録現場でサプライズの祝福が行われた。

 この日に行われた収録は、松下演じる心、清原演じる結城が患者とその家族に病名を告知するシーン。「リハーサルの準備中なのでお待ちください」とスタッフに声をかけられ、収録現場でひとり座っていた清原。そこへ「お誕生日おめでとう!」と真っ赤ないちごが並んだケーキを持って松下が登場。驚いた様子で立ち上がる清原に松下が『ハッピーバースデー』を歌い始めると、スタッフも加わり「Dearきよ様~♪」と大合唱で祝福した。

 “きよ様”とは松下や木村佳乃が“名付け親”の清原の愛称。松下から「ケーキにも“きよ様”って書いてあるよ」と言われると、清原は照れながら「ありがとうございます。27歳になりました。健康第一で仕事を頑張っていきます」と抱負を語った。

 少し心配そうに周囲を見渡す清原を気遣い、すかさず「大丈夫だよ」と声をかける松下。「本当に予想してなかったの?」と松下が尋ねると、清原は「していないです。今日のシーン、僕はせりふがなかったのですが…話すことになるとは(笑)」とはにかみ、誕生日当日に収録現場でサプライズの祝福をされたのは初めての経験だと明かした。

 記念写真を撮影し、リハーサルが始められようとする中、清原は「本当にここ収録現場ですか?」とスタッフに尋ねるひと幕も。そんな清原を見て、松下は「サプライズ大成功ですね!」と笑った。

<第5話(2月6日(木)放送)あらすじ>
心(松下奈緒)にジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学附属中央病院で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。
しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。
そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き難く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。
しかし、春香は仕事があるので入院は無理だとかたくなに拒否をする。その後心は春香が離婚調停中で息子の親権を争っていることを知る。心が病気よりも守りたいものがある母親を導いた治療法とは…。

『アライブ がん専門医のカルテ』
フジテレビ系
2月6日(木)後10時10分~11時04分

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/alive/
公式Twitter:https://twitter.com/Alive_cx
公式Instagram:https://www.instagram.com/Alive_cx/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える