• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

真木よう子、上白石萌歌を絶賛「役者として信頼感があった」『ファーストラヴ』2・22放送

『ファーストラヴ』

 2月22日(土)放送の『特集ドラマ「ファーストラヴ」』(BSプレミアム)の試写会が行われ、真木よう子、上白石萌歌が登壇した。

 本作は、第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説をドラマ化。公認心理師の主人公・真壁由紀(真木)が、父親を殺した女子大生・環菜(上白石)のルポを書くために彼女と向き合っていく姿を描く。

『ファーストラヴ』

 由紀を演じた真木は「脚本を頂いた時に、私はぜひ女性としてこの役をやってみたいと思ったんです。苦しいシーンがたくさんあるとは分かっていたんですけども、女性だったら全員どこかに必ず共感ができるというか。女性が救われていく物語で、乗り越えて次の人生のステップへと導いていくような役だったので、ぜひ挑戦してみたいなと思いました」と作品への想いを明かした。

『ファーストラヴ』

「女子大生父親刺殺事件」の被告人・環奈を演じた上白石は「私は役を作っていく中で、自分の目で見たり、体験したことをすごく大事にしています。今回も撮影に入る前に、裁判を見に行きました。法廷で手錠をかけられている人を初めて見て、身震いしたこととか、そこで繰り広げられている空気感みたいなものを肌で感じて、私も撮影に臨むにあたってこうしようみたいなことを考えていました」と役作りについて語った。

 上白石と共演した印象について、真木は「上白石さんの場合は、きちんと環奈に入っていて、見ていて安定したお芝居をしていた記憶があります。こっちが本当の気持ちでぶつかると、きちんとキャッチボールを返してくれるので、役者としてもすごく信頼感がありました」と絶賛。

『ファーストラヴ』

 これを受けて上白石も「真木さんはカメラが回っていない時でも由紀と環菜の距離感みたいなものを大事にされていたので、撮影中は由紀と環菜でしかなかったなと思っています。最後の面会室のシーンでは、仕切りがあるのを忘れてしまうぐらい、愛だったり、熱量を受け取ることができました」と。

 続けて「お芝居をしている時の真木さんの目に私はとても助けられました。真木さんとじゃなければできなかったことですし、生まれなかった感情があったと思います。感謝しています」と語った。

『特集ドラマ「ファーストラヴ」』
BSプレミアム
2月22日(土)後9・00~10・59

原作:島本理生『ファーストラヴ』
脚本:吉澤智子
出演:真木よう子、上白石萌歌、平岡祐太/津嘉山正種/吉沢悠、黒木瞳ほか
演出:宮武由衣(TBSスパークル)
制作統括:加藤章一(TBSスパークル)、管原浩(NHK)、中村高志(NEP)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える