• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Kis-My-Ft2横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の主演舞台が開幕

 Kis-My-Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永が主演を務める舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」のプレスコール&囲み取材が東京グローブ座で行われた。

「〇〇な人の末路」は横尾、宮田、二階堂、千賀が主演で、鈴木信行著「宝くじで1億円当たった人の末路」(日経BP刊)を原案に2018年4月にドラマ化され話題に。本作はそのドラマから設定を一新し、舞台化したもの。

 今回の舞台版では横尾・千賀の月Side、宮田・二階堂の海Sideの2組に分かれ、舞台の前半では1つの同じストーリーを2組が演じ、後半では月・海が別のストーリーに分岐し、それぞれが違ったエンディングを迎える。

 稽古は別々で行っていたため、お互いの演技を見るのはこの日が初めてだったという4人。二階堂は「楽屋で宮田さんが横尾さんのお芝居を見て『俺、分かんなくなっちゃってる』って言っていた」と同じ役を演じる横尾の演技を見た宮田が混乱していたと暴露。これを受け、宮田が「自分の捉えてきた敏幸っていう役と横尾さんが捉えた敏幸っていう役が違って、同じ脚本でも人が違うとこんなにも違うんだって思いました」と話すと、横尾は「最初にやらせてもらってよかったなって。この後、月Sideが初日なんですけど(海Sideを)あんまり見ないようにしています」と明かした。

 兄弟役を演じることについて、グループ最年少の千賀は「普段から(横尾は)お兄ちゃん的なポジションだなって僕は思ってるので、結構すぐに入れました」とすんなり設定に入れたそう。いっぽうで、二階堂は「(宮田は)お兄ちゃん感がゼロじゃないですか。だからこのお話を頂いてから、キスマイの宮田俊哉というより、お兄ちゃんの宮田俊哉だって常日頃から思うようにしてました」と役作りをしていたというが、マスコミから「お兄ちゃんに見えました?」と聞かれると「まだ見えてない」と答え、笑いを誘った。

「他の3人は見に来てくれそうか?」と聞かれると、宮田は「玉森(裕太)は『俺は全40公演行くからな』って言ってるんですよ。舞祭組でライブやったときも『俺は全公演見たぞ』って言ってて。嘘か本当か分からないけど」と玉森が “全公演観劇宣言”をしていたと告白し、メンバーの間では“都市伝説”になっていると笑顔を見せた。続いて横尾は「北山(宏光)は差し入れを持ってきてくれるだろうと思うし、藤ヶ谷(太輔)は楽屋でせりふ合わせをしてると『ここでやめろ! ネタバレになるだろ』ってすごく楽しみにしてくれてますね」と楽屋でのエピソードを語った。

 最後に千賀が代表して「今回僕たち4人で初めて舞台をやらせていただくということで、つまずくこともあるかもしれませんが、最後までやり切りたいと思いますし、たくさんの人に笑顔を届けられると思いますのでぜひ見に来てください」と意気込みを語った。

「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」は3月15日(日)まで東京グローブ座で上演される。

舞台「〇〇な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」

作・演出 西条みつとし

<出演>

【月Side】横尾渉、千賀健永(Kis-My-Ft2)/高橋ひとみ

【海Side】宮田俊哉、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)/坂田聡

共通キャスト:真凛、由地慶伍、中村涼子、米千晴、杉本美保、佐野舞香

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える