• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キンタロー。の妊活から出産までの軌跡『直撃!シンソウ坂上』2・20放送

『直撃!シンソウ坂上』

 2月20日(木)放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)は、キンタロー。夫婦、清水宏次朗を襲った病の真相に迫る。

 2015年に番組ディレクターと結婚、今年1月に第1子を出産したキンタロー。が、出産に至る過程で不妊治療を行っていたことを初告白する。両親を共に亡くしたため、“家族”というものに対して特別な思い入れがあるというキンタロー。は結婚後、自然と子供を望んだ。

 ところが、排卵日を計算し子作りをしても、なかなか妊娠できない。結婚から3年後の2018年から本格的に妊活を開始したものの、なかなか妊娠しなかった。以前の検査などでキンタロー。には問題がなかったため、夫と共に検査を行うと、夫が「無精子症」であることが判明する。

 一般的に精液の中には、数千万個以上の精子が存在するが、「無精子症」とはその精子が全くない状態。その診断を聞いた際、恐怖や絶望感に包まれたというキンタロー。夫妻が頼ったのが東尾理子だった。

 東尾は、夫の石田純一と共に不妊治療を受け、3人の子供を出産した経験を持つ、いわば不妊治療の先輩。キンタロー。は、東尾に紹介された最新技術を持つ不妊治療専門クリニックに通い、今年無事に出産を終えた。

 番組では、出産前後のキンタロー。の生活に密着。キンタロー。夫妻へのインタビューやクリニック医師へのインタビューなどから、彼女の妊活、妊娠、出産までの軌跡、さらには不妊治療の最前線に迫っていく。

 1980年代に大ヒットを記録したヤンキー映画『ビー・バップ・ハイスクール』。清水宏次朗は、この作品で仲村トオルと共に主演を務め、当時の中高生たちのカリスマ的存在となった。これ以降もさまざまなドラマやVシネマなどで活躍した清水だったが、現在はある病によって芸能活動の休止を余儀なくされていた。

 番組では「今はもう体が動かないから」と語る清水の闘病生活に7か月にわたり密着し、彼の病の真相に迫っていく。

 わずかな段差でもつまずいてしまうという清水の歩行姿は背筋が曲がり足元も弱々しく、時には妻の手を借りなければ一人で歩けない時も。また、以前は起床後にパッと動けたというが、今は起床してから体が動くまで1時間もかかることがあるという。

 清水が体の異変に気付いたのは、10年ほど前。あまり汗をかかない体質だったにもかかわらず、寝ている間に、髪がびしょびしょになるほど発汗するようになった。

 さらには、昔は外出が好きだったのに、何事にも無気力で外出を避けるようになり、仕事でどうしても外出しなければならない時には、突然、手が震え冷や汗が止まらなくなったという。

 清水が、こうした体調不良の原因を探るため検査を受けると、医師から思いも寄らない病名が告げられる。果たして、その病名とは。

 番組では、受診後、治療を継続しているという清水の現在の生活ぶりにも密着。治療の前後で、目に見えて変化した清水の現在の様子を紹介する。

『直撃!シンソウ坂上』
フジテレビ系
2月20日(木)後9時~9時54分

<出演者>
MC:坂上忍
VTR出演:キンタロー。、東尾理子、清水宏次朗 他
スタジオゲスト:三田寛子、飯尾和樹(ずん)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/shinsou/
公式Twitter:@ss_fujitv

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える