カトリーヌ・ドヌーヴ最新作「アンティークの祝祭」予告映像公開 | TV LIFE web

カトリーヌ・ドヌーヴ最新作「アンティークの祝祭」予告映像公開

エンタメ総合
2020年02月22日
映画「アンティークの祝祭」

 4月下旬公開の映画「アンティークの祝祭」の予告編映像が解禁された。

 本作は“フランス映画界の至宝”と言われる女優カトリーヌ・ドヌーヴの最新主演作。自身の人生の終焉を察した主人公・クレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)が、半生を共にしてきたアンティークを処分することで浮かび上がる「劇的な人生」と「本当に遺したい思い」を描く。「やさしい嘘」(2003年)、「パパの木」(2010年)などのジュリー・ベルトゥチェリが監督を務める。

 予告編は「神様が教えてくれたの。今日私は死ぬと思うわ」というクレールの意味深な言葉から始まる。次々と庭に運ばれ売られていくアンティークたち。その奇妙な行動を聞きつけ、20年ぶりに娘のマリーが帰ってくる。

 すると、不機嫌なクレール…。2人の間に何があったのか、そして、若かったクレールに起こった出来事とは?一人の女性の波瀾万丈の人生が歴史的なアンティークと共に描かれ、その生き方に心揺さぶられる。

映画「アンティークの祝祭」
4月下旬より、シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開

<STORY>

夏のある朝、クレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)の決意は突然だった。70年以上におよぶ長い人生。ここのところ意識や記憶がおぼろげになることが増えてきた。「今日が私の最期の日」と確信した彼女は、長年かけて集めてきたからくり人形、仕掛け時計、肖像画など数々のコレクションをヤードセールで処分することにする。見事な品々の大安売りに、庭先はすぐにお客と見物人で賑わいはじめた。大きな家財から小さな雑貨まで家中を彩り続けたアンティークたちは、いつもクレールの人生と共にあった。それは、彼女の劇的な生きざまの断片であり、切なく悲劇的な記憶を鮮明に蘇らせるものでもあった。一方、疎遠になっていた娘マリー(キアラ・マストロヤンニ)は、母のこの奇妙な行動を友人のマルティーヌ(ロル・カラミー)から聞きつけ、20年ぶりに帰ってくるが。

<STAFF&CAST>

監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ
原作:リンダ・ラトレッジ著「La derniere folie de Claire Darling」

出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、アリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミ

原題『La derniere folie de Claire Darling』英題『CLAIRE DARLING』
配給:キノフィルムズ/木下グループ

©Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo