• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

千葉雄大&白石麻衣が北川景子・田中圭のサプライズ登場に涙!

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の初日舞台あいさつが行われ、千葉雄大、白石麻衣、成田凌、中田秀夫監督が登壇。さらに、1作目の主演を務めた北川景子と田中圭がサプライズで登場した。

写真をもっと見る(全40枚)

 本作は、2018年に公開された北川景子主演の映画「スマホを落としただけなのに」の続編。前作で事件を解決に導いた千葉演じる刑事・加賀谷が主人公で、連続殺人鬼・浦野を演じた成田も続投。加賀谷の恋人・美乃里を白石が演じ、迫りくる新たな恐怖を描く。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 前作に比べ、入場人員が122%スタートだと明かされると、千葉は「めっちゃうれしいっす。まだご覧になっていない方もいると思うので、よりたくさんの方に見ていただけたらいいなと思います」と。白石も「すごいビックリですね。作品自体がとっても面白いお話なので、自信を持ってたくさんの方にもっとアピールを続けていきたいです」と語った。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 さまざまなところで宣伝活動を行ってきた千葉と白石。その思い出を問われ、千葉が「24日にラジオをやらせていただくんですが、それがめちゃくちゃ面白くって(笑)」と答えると、白石も「私もそれが一番ヤバイと思います!」と。千葉は「見たことない千葉雄大、白石麻衣が見れると思う。僕が白石さんに成り切って、リスナーの方から届いた質問に答えたり。お昼の番組なんですけど、深夜ラジオみたいになっちゃって(笑)」とアピールした。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 映画のタイトルに掛けて「落としたくないものは?」という質問には、成田が「見落としてほしくない。エンドロールの後、見ました?続くな、これって(笑)。台本に書いていない道を歩かされて、何をやってるんだろうなって思った」と明かすと、中田監督は「一応、台本に書いてあった」と。成田は「見落としてます(笑)。今後、台本は見落としたくない(笑)」と、自分でうまくまとめた。

 また、白石は「今日、身に着けているジュエリー。衣装なんですけど、すごくいいお値段するみたいで…」と、落とさないようにしっかりと握りこぶしを作った。

 千葉は「北川さんから受け継いだバトン。前作で北川さんと一緒に宣伝活動をさせていただいた時に、お芝居はもちろんですけど、お客様にまで届ける背中だったりとか、尊敬できたので、そのバトンを落とさず、この作品も皆さんにお届けできたらいいなと」と語り、北川から「頑張ってね、応援してるよ」と作品を見ての長文の感想を受け取ったことを明かした。

 ここで、前作で主演を務めた北川と田中がサプライズで登場。会場が歓声で包まれる中、千葉は2人の顔を見た瞬間、涙をこぼし、成田がハンカチを渡すひと幕も。千葉は「本当にびっくりしましたし、すごい大好きなお2人なので、本当にうれしいです」と喜んだ。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 白石も「北川さんから撮影時に、すごく優しく声を掛けてくださった。あらためて、今日お会いできるとは思わなかったのでうれしいです」と、声を詰まらせた。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 北川は「千葉君が主演で、成田君も引き続き出てくださって、それでまいやんがヒロインという2ができるというお話を聞いた時に、なんてすてきな、豪華なメンバーが2を作ってくれるんだろうとすごい感動した。番宣も頑張ってくれていて、この扉が開いて、みんなの顔を見た時に泣きそうになりました」と。

 田中は「加賀谷が主役って聞いた時に、どんな話になるんだろうって思った。でも、やっぱり主役だったよ」と千葉を激励。「本をもらった時に、僕も景子ちゃんも少し出れるってなった時はうれしかったですし、頑張れって思ってました」と語った。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 また、千葉が田中からも連絡をもらっていたことを明かし「普段くだらないことしか来ないんですけど、すごい感想をくださった」と。田中は「本当に面白かった。見ていて、俳優としても震えながら見れる。見終わって、頑張ろうねって言ったよね」と北川と顔を見合わせた。白石は「私の方こそ、お2人からすごく勇気をもらったので、これから頑張ろうと思いました」と語った。

 千葉は「本当に今日という初日を迎えられてうれしく思いますし、北川さん、田中さんがまさかの登場してくださって、この晴れ舞台に一緒に立てるのをうれしく思いました。そして、白石さん、成田君、監督も一生懸命現場でもいい作品ができるように、キャストももちろんそうですけど、スタッフの方も、宣伝活動にご尽力いただいた皆さん、誰一人もらすことなく大好きで、そういう現場で撮影した作品なので、たくさんの方に届いたらいいなと思います。お客さんが見てくださっての映画だと思うので、感想だったりをどしどしSNSに上げて、いい使い方をしてくださったらうれしいなと思います」と、涙をこらえながらメッセージを送った。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台あいさつ

 最後は全員で鏡開きを行い、主演の千葉が登壇者から大盃につがれた祝い酒を飲み、大ヒットを祈願した。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
2月21日(金)全国東宝系で公開

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える