• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

渡部篤郎「複雑に絡まった“秘密”の糸が少しずつほどかれていく」『10の秘密』第7話2・25放送

『10の秘密』

『10の秘密』(フジテレビ系)で宇都宮竜二役を演じる渡部篤郎が、2月25日(火)放送の第7話の見どころを語った。

 本作は“秘密”のベールに包まれた人間の欲望が暴かれるオリジナルサスペンス。主人公・白河圭太(向井理)の愛する娘・瞳(山田杏奈)が何者かに誘拐されたことに端を発し、圭太と関わるさまざまな人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こる。

『10の秘密』

 第7話では、圭太が由貴子(仲間由紀恵)を警察に突き出して罪を償わせるため、3億円と由貴子の行方を知ろうと、敵対していた帝都建設の宇都宮竜二(渡部)と接触する。いっぽう、10年前の火事の真相を追う翼(松村北斗)は、母親との記憶をたどりある人物がつながり…。

 渡部が演じる宇都宮竜二は、帝東建設の経営戦略室・室長。これまで圭太や由貴子の敵か味方か分からないキャラクターだったが、第7話では、竜二のある“秘密”が明らかに。状況を冷静に見ながら自身に物事が有利に進むように立ち回る、かなりのキレ者である竜二について、渡部も「ただの悪い奴か、相当の悪か、どんな悪なのか…」と言葉を濁し、まだ本心が読めない様子だ。

『10の秘密』

 さらに、竜二は偽装建築の件や10年前の火事で焼けた別荘のプロジェクトにも関与していることが判明。渡部は「帝東建設の偽装建築と10年前に起きた火事という2本軸でストーリーが進んでいますが、この2つの事件がどういうふうにつながるか…」と竜二が今後重要な人物となっていくことを示唆した。

 また、公私ともに仲が良い向井理が演じる圭太に関して“魅力的に演じている”と話した渡部は「おそらく演じ方を何通りも持っている人で、頼りなかったり、優柔不断だったりする“完璧でない”人間の様子をうまく見せている」と称賛。「複雑に絡まった“秘密”の糸が、少しずつほどかれていって、登場人物がどういう風に変わっていくのかを大事にしてやっています」と7話の見どころを語った。

『10の秘密』

『10の秘密』
カンテレ・フジテレビ系全国ネット
毎週(火)後9・00~9・54

出演:向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗、山田杏奈、高島豪志、堀田茜、河村花、佐野史郎、遠藤雄弥、藤原光博、山野海、名取裕子、渡部篤郎 ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える