• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

寺島進『駐在刑事Season2』第6話に相島一之、渡辺裕之、第7話に松本若菜が出演

『駐在刑事Season2』

 寺島進主演『金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」』(テレビ東京系)の第6話、最終話のゲストキャストが解禁され、相島一之、渡辺裕之、松本若菜が出演することが分かった。

 2月28日(金)放送の第6話には、渡辺裕之、相島一之が出演。渡辺は水根出身のカリスマ登山家で、美也子(市毛良枝)の夫の親友・風巻雄一を演じ、相島はソーラーパネル建設のために奥多摩の森林伐採を計画している森瀬建設社長・森瀬勝彦を演じる。

 3月6日(金)放送の最終話(第7話)には、夏子(田中美里)の古い友人で、ホステスの清本薫役で松本若菜が出演する。最終話では、江波(寺島)が愛する夏子の驚きの過去が判明し…。

<風巻雄一役:渡辺裕之 コメント>

寺島さんとは久々の共演でうれしかったです。僕が演じる風巻は、登山家で、山で命を落とす覚悟がある“山の人”そのものです。「山で何かあったら!と思うと家族を持てなくてね」というセリフがあるのですが、結婚せず、山をひたすら愛している人なんだなと想像して役作りをしました。市毛良枝さん演じる美也子との2人きりのシーンは、監督とも話し合ってこだわって演じました。
ご覧いただく皆さまの想像通りにはいかないように芝居をしているつもりなので、「やられた!」という感覚になってくれると思います。楽しみにしていただきたいです。

<森瀬勝彦役:相島一之 コメント>

駐在刑事に出演させてもらい奥多摩の山の中での撮影を満喫できました!早朝の山の木々からはもやが吹き出し東京からそれほど遠くない場所とは思えませんでした。美しかった。撮影の前日に台風19号が日本を通り過ぎて行き多くの爪痕を残しました。奥多摩も例外でなくいろいろなロケ場所が撮影できなくなったみたいですが、スタッフのチームワークと熱意で順調に問題なく撮影できました。感謝です!
相島の役どころは悪い人です(笑)。物語には悪い人も必要ですからね。寺島進さんと共演するのも久しぶりで楽しかったです。お互いに年齢を重ねましたが子供が小さいので同志ですね。
このドラマはスタッフ、キャストが大事に大事に育てながら作って来た作品です。その温もりはおそらく画面を通して皆さんに伝わると思います。ぜひお楽しみください!

<清本薫役:松本若菜 コメント>

私が大好きだった連続ドラマ「駐在刑事」がSeason2になり、しかも出演できると聞いたときは、本当にうれしかったです。今回清本薫を演じるにあたって、監督とたくさんお話をしました。話していく中で、最初に私が台本を読んだ時に想像していた“清本薫”とは違う女性像も出てきて、演じていてとても面白かったです。田中美里さん演じる夏子が「陰」だとしたら薫は「陽」。でも、薫の中にも「陰」の部分があり、薫にどういう過去があったのか…いろいろと楽しみにしていただきたいです。
私が出させていただく最終話では、いろいろなことが展開し、そして終結していきます。私も一視聴者として面白いと思える素晴らしい作品になっていると思いますので、ぜひ皆さん最後まで楽しんでご覧ください。そして「Season3」ができることをひそかに期待しています。

金曜8時のドラマ
『駐在刑事Season2』
テレビ東京系
毎週(金)後8・00~8・54

原作:笹本稜平
脚本:田子明弘、入江信吾
監督:小林義則、鈴木統、元村次宏

出演:寺島進、北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、梨本謙次郎、徳井優、山口祥行、小林星蘭/田中美里、市毛良枝

第6話ゲスト:渡辺裕之、相島一之ほか
第7話ゲスト:松本若菜ほか

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真