• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

武田梨奈『ワカコ酒 Season5』にラサール石井、武田鉄矢がゲスト出演

『ワカコ酒 Season5』

 4月6日(月)スタートの武田梨奈主演ドラマ『ワカコ酒 Season5』(BSテレ東)にラサール石井、武田鉄矢がゲスト出演することが決定。また、オープニングテーマが蒼山幸子の「スロウナイト」に決定した。

 26歳のOL・ワカコ(武田)が「ぷしゅー」の決めぜりふとともに女一人酒を堪能するグルメドラマシリーズの最新作。ラサールが出演するのは、第1夜(第1話)「築地のカキ小屋へ」。ワカコ行きつけのお店「逢楽」の常連客役として登場する。

『ワカコ酒 Season5』

 武田鉄矢が登場するのは、第6夜「大衆酒場ワカコ」(5月11日放送)。この回は、原作コミックス「ワカコ酒」のスピンオフ作品として連載中の「大衆酒場ワカオ ワカコ酒別店」の実写化となる。武田は「大衆酒場若尾」の店主で下戸の料理人・ワカオ役で出演。寡黙なワカオの店にワカコが来店し、食べ、飲む幸せと、作り、食べてもらう幸せの双方からの視点で物語がつづられる。

 また、オープニングテーマが、蒼山幸子がこのドラマのために書き下ろした「スロウナイト」に決定した。

『ワカコ酒 Season5』

<武田梨奈 コメント>

武田鉄矢さんはアクションの大先輩としてもずっと憧れていた方なので、正直、一緒にお芝居していたのが不思議な気持ちでいっぱいです。同じ現場にいるとやはりすごい方だとひしひしと感じてしまって。憧れて尊敬している方なのでいざ目の前にすると何を話していいのかわからず、緊張するばかりだったのですが、カウンターに入った瞬間、武田鉄矢さんの醸し出す空気感が大将のワカオになるのを身近で感じることができ、撮影をご一緒した2日間、役作りなど学ぶことがたくさんあって背筋がピンとなりました。

<武田鉄矢 コメント>

短い分数のドラマで食やお酒に注目した良い作品がたくさん出てきているので、どんな現場なのかとちょっと覗いてみようと思いオファーを受けました。このドラマは設定が面白いですよね。女の子が居酒屋へ行って一人で飲むというのはなかなか設定として昔はありえなかったけども、今はやっぱり本当にあることなので、そういう物語を作っていく視線が現実に即しているのだな、と思いました。主演の武田梨奈さんは、この番組はいい人を選んでいるなと思わせてくれる方。何がいい人かというと武田梨奈さんは生活感があって、暮らしの匂いがする人。そういう人たちがドラマの中にいるっていうのはとても大事なことだと思うので、チャンスがあればもっともっと頑張ってほしいなと、一ファンとして心から祈っています。

蒼山幸子
蒼山幸子

<蒼山幸子 コメント>

主人公・ワカコちゃんがひとり酒をしながら息抜きをしながら息抜きしたり、静かに人生を謳歌している感じというのは、とても共感するところが多く、すぐ曲が浮かびました。たとえ、ひとりでも相手がいても、お酒を飲んだり、ご飯を食べるという時間、というのは人生のうちとても大事な時間だなと思うので、そんな瞬間に寄り添えるような曲になれたらいいなと思います。ドラマと合わせてぜひ聞いてください。

<小林教子プロデューサー コメント>

今回、ワカオを映像化しようということになり、ある日、降りて来たんですよね。武田鉄矢さんでいきたいと。BSテレ東の『武田鉄矢の昭和は輝いていた』(毎週金曜 後8時)の収録にお邪魔しまして、お願いしましたら、マネージャーさんから「同じ格闘好きとしてお受けします」と言ってくださって。夢のようでしたね。スタッフみんな半信半疑で(笑)。第6夜の武田鉄矢さんが出演された回の撮影はたまたまクランクアップと重なったのですが、鉄矢さんの大ファンの梨奈さんは、かわいそうなくらい緊張してまして、スタッフもみんなドキドキで。ワカオは寡黙な設定なので、鉄矢さんに出演していただくのに、せりふがほとんどないという…。撮影が終わったら鉄矢さんの方から「武田くん!」と声をかけていただいて、感極まる梨奈さんの姿に、見守る衣装さん、メイクさん、私の3人はもらい泣きしてしまいました。今回、ワカコ酒はシーズン5となりました。いろんな方に愛され、少しずつ成長してきました。知名度が上がったことにより、ロケ地の交渉をしていても、「見てるよ」と快く受けてくれたり、「出たい」と言ってくださっている方のお噂も聞きます。ありがたいことです。BSテレ東の財産として、これからも大切に育てていきたいと思っています。よろしくお願いします。

<第1夜 あらすじ>

オフィスでみぃさん(山田キヌヲ)の娘さんの写真を見て、盛り上がるワカコ(武田梨奈)たち。オカダ主任(しおつかこうへい)の言葉に「今の時間を大切に過ごさなきゃ」と一人やって来たのは、築地のカキ小屋。メニューに懐かしいがんがん焼きを見つけて早速注文するワカコ。開けては食べ、食べては開ける享楽の時を満喫するのだった。ところがその後、しばらく仕事が忙しくて、ピリピリして疲れたワカコは馴染みの逢楽へ。そこで、大将(野添義弘)と常連さん(ラサール石井)の会話を聞いて…。

<第6夜 あらすじ>
新入社員の倉本(丹羽紀元)がミスをした。いつになく厳しい調子で叱るワカコ。周りに窘められ、もやもやとした気分で会社を出たが、そんな自分を元気づけようと、大衆酒場にやって来る。寡黙な大将ワカオ(武田鉄矢)とアルバイトの八っちゃん(飯田祐真)が迎えてくれる居心地のいいお店。アスパラバター醤油わさび和えを注文し、それに合う冷酒を尋ねると、大将のワカオが自然郷を薦めてくれた。そこへ、後輩(本田響矢)を連れたサラリーマン(足立智充)がやって来る。つい、二人の会話が耳に入るワカコ。するとワカオが…。

『ワカコ酒 Season5』
4月6日(月)スタート
BSテレ東 毎週(月)深0・00

原作:新久千映
脚本:阿相クミコ、女里山桃花
監督:久万真路、湯浅弘章、岩渕崇、片桐健滋、若林将平

出演:武田梨奈 ほか

©2020「ワカコ酒5」製作委員会
©新久千映/NSP2011
©猫原ねんず・新久千映/NSP2019

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える