山田真歩、落合モトキが松下奈緒主演『アライブ』第9話に出演 | TV LIFE web

山田真歩、落合モトキが松下奈緒主演『アライブ』第9話に出演

エンタメ総合
2020年02月27日
『アライブ』

『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)の第9話(3月5日(木)放送)に、山田真歩、落合モトキが出演することが決定した。山田、落合は木曜劇場初出演、共演も初となる。

 山田は、妊娠中にがんの再発が見つかる患者・小山内静、落合は静の夫で、仕事のパートナーでもある小山内敬を演じる。

 切迫早産のため緊急入院した静は、エコー検査で5年前に患った大腸がんによる多発性肝転移が見つかる。担当医だった心(松下奈緒)は、すぐに抗がん剤治療を始める必要があるため、妊娠の継続は難しいことを告げる。

 しかし、静は治療を拒否し「最悪なことが起きた場合は夫と両親が育児してくれることになっています。子供を守ってください」と強く訴える。

 これまで闘病しながらでも得られる幸せがあると感じ、治療にも仕事にも全力で生きてきた静。でも、子供はどうしても諦めることができない。一方で、妻の意思を尊重しながらも、最愛の妻か、子供か、本心では選ぶことができない敬。そんな過酷な状況の中、静の容体が急変する。

<山田真歩 コメント>

◆『アライブ』出演の話を聞かれた際の感想をお願いします。

「自分の病気や死と向き合うという重いテーマでしたが、ぜひチャレンジしたいと思いました。誰にでもいつかは来る“死”について深く想いを馳せることで、生きていること、幸せのこと、人生の中で大切なことに目を向けられたら、と思いました」

◆小山内静香を演じる上での思いをお願いします

「病気の治療の中で、自分が大切にしていて優先順位をつけがたいものを選ばなくてはいけない……。本当にどうして良いか分からない気持ちがあふれてしまいました。とにかく、静さんと一緒にベッドの中で、自分の残りの人生のことをずっと想い続けながら演じました」

◆視聴者へメッセージをお願いします

「私はこの役を演じながら、“一日一日を後悔しないように生きなきゃな”と心から思いました。本当に大切にしたいもの、気づかなかった日常の幸せのこと……。そんなことを一緒に感じて見てもらえたらうれしいです」

<落合モトキ コメント>

◆『アライブ』出演の話を聞かれた際の感想をお願いします。

「ちょうどテレビで拝見していたので、“この作品に出るんだ”と思いました。でも見ている側だったので、いざ出演する側となると命を扱う題材なので気を引き締めました。自分が患者さんの周りにいる人間だったらどう向き合っていけばいいのか考えながら見ていたので、まさにそんな役を頂いたなという心境でした」

◆小山内敬を演じる上での思いをお願いします

「山田真歩さん演じる静はいわゆる“姉さん女房”なので、“弟キャラ”でいこうとスタッフの方と最初話していましたが、頼りない夫だなぁと思われないようにそこはバランスを考えながら演じました。仕事のパートナーでもあり、旦那でもあることも意識して演じました」

◆視聴者へメッセージをお願いします

「命を題材にしているドラマですが、収録現場は張りつめた空気ではなく仕事一つ一つ楽しんでやろう、という雰囲気です。患者さんやご家族の方は大変な時もあるかと思いますが、そんな方の背中を押せる作品になれたらうれしいです。ぜひご覧ください」

『アライブ がん専門医のカルテ』
フジテレビ系
3月5日(木)後10時~10時54分

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/alive/
公式Twitter:https://twitter.com/Alive_cx
公式Instagram:https://www.instagram.com/Alive_cx/

©フジテレビ