• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

滝沢カレンの“知っているようで知らない”素顔に迫る『情熱大陸』3・1放送

『情熱大陸』

 3月1日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、モデルの滝沢カレンに密着する。

 雑誌、CMをはじめ、テレビのバラエティ番組などでひっぱりだこの滝沢カレン。中学時代にスカウトされ、2008年にファッション誌「Seventeen」のオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリを獲得し、モデルデビュー。昨年7月には、およそ9年間務めたファッション誌「JJ」専属モデルの卒業を発表し、さらに活躍の舞台を広げるべく、現在はドラマや映画などさまざまな活動を行っている。また、Instagramのフォロワー数が170万人を超えるなど、すさまじい人気となっている。

 滝沢の人気の理由は、美しい容姿と彼女が発する独特な日本語とのギャップ。その容姿からは想像もできない奇想天外な言葉がさまざまな場面で繰り出され、時にはバラエティ番組の大物司会者をもうならせる。

 そんな滝沢がいつも心がけているのは“飾らないこと”だという。「そのままでいいんだって。自分がいる意味とか、自分の立場とかは背伸びしたくないし、無理もしたくない」と自然体を貫く。

 撮影現場で見せる真面目で謙虚な姿。大切なモデルの撮影を前に緊張で無言になる様子。さらには自慢の手料理を友人に振る舞う様子など、密着取材が進むにつれ、「独特で面白いキャラ」とはひと味違った滝沢カレンが見えてくる。自ら行動を起こし、周囲に協力をあおぎながら目標を達成しようとするその姿は、多くの人が持つ彼女のイメージとは違っていた。

 仕事場やプライベートから、知っているようで知らない、つかみどころがあるようであまりない滝沢カレンの素顔に迫る。

<モデル/滝沢カレン プロフィール>
1992年、東京生まれ。
2008年、雑誌『Seventeen』(集英社)の『ミスセブンティーン2008』で単独グランプリを獲得。同誌の専属モデルとして活動する。2011年、『JJ』(光文社)の専属モデルとなる。
2016年、『JJ』9月号で初の表紙を飾る。2019年、『G線上のあなたと私』(TBS)で連続ドラマ初レギュラー出演。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える