• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」吹替版に東條加那子、森川智之、花澤香菜

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」

 3月20日(金)公開の映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」の吹替版声優を東條加那子、森川智之、花澤香菜が担当することが分かった。

 本作は、DCコミックス「バットマン」に登場するジョーカーの恋人・ハーレイ・クインを主人公にした映画。ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)役は映画「スーサイド・スクワッド」で同役を演じた東條。ゴッサムの裏社会を牛耳り、ハーレイを執拗に狙うブラックマスクを森川、ハーレイとブラックマスクが闘うきっかけとなった“謎のダイヤ”を盗み、物語のカギを握る少女・カサンドラ・ケインを花澤が演じる。

 ハーレイを再び演じる事になった東條は「このキャラクターに惚れ込んでいたので、また彼女にシンクロしてしゃべる機会がいただけたのは、本当にうれしかったです」と喜び、「ハーレイの天真爛漫さはそのままに、今回はジョーカーと失恋しても負けずに頑張る1人の女の子としても、共感できる部分もたくさんあったので、そういう人間味のあるところも表現できればと思い演じました」と明かした。

 森川は「サイコな悪役は今までになかったかもしれません。これまでいろいろな悪役を演じできましたが、ここまで振り切れた悪役は初めて。ユアンのこれまでのイメージが覆ると思いますよ。とても楽しかったです!」と語り、キャラクターについて「危ういキャラなんです。ぶっ飛んだ悪役なのですが、必ず誰かが側にいてあげないとダメ。逆に守ってあげたくなる、愛されキャラでもあるんです」とその魅力を語った。

 花澤は「アメコミ作品に関われることが初めてなので、すごくうれしいです。私が演じたカサンドラは、年のわりには大人びていて、太々しいところがあるのですが、そこがまたかわいくて。吹き替えながら、何回も『かわいいな~この子』と思いながら演じていました」と魅力を語り、「ハーレイは決して良いことをしているわけではないのに、観ていてとてもスカッとするんです。厳しい状況に置かれていても本人はカラッとしていて、より大きな悪に立ち向かっていく姿が頼もしい!ぜひいろいろな方に観ていただきたいです!」とメッセージを送った。

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」
3月20日(金)全国ロードショー

<STORY>

悪のカリスマ=ジョーカーと別れ、全ての束縛から放たれたハーレイ・クイン。モラルのない天真爛漫な暴れぶりが街中の悪党たちの恨みを買うなか、謎のダイヤを盗んだ少女を守るため、悪を牛耳る残忍でサイコな敵ブラックマスクとの全面対決へ!悪VS 悪のカオスな戦いを前に、ハーレイはとってきおきの切り札、クセ者だらけの最凶チームを新結成。ヴィランだけの世界で、予測不能のクレイジー・バトルが始まる!

<STAFF&CAST>

監督:キャシー・ヤン、プロデューサー:マーゴット・ロビーほか
脚本:クリスティーナ・ハドソン(『バンブルビー』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
出演:マーゴット・ロビー、ユアン・マクレガー、メアリー・エリザベス・ウィンステッドほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.BIRDS OF PREY and all related characters and indicia ©&TM DC Comics.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える