『RIDE ON TIME』キスマイ宮田俊哉「じいちゃんになっても7人で仲良くいるっていうのが理想」 | TV LIFE web

『RIDE ON TIME』キスマイ宮田俊哉「じいちゃんになっても7人で仲良くいるっていうのが理想」

エンタメ総合
2020年03月06日
『RIDE ON TIME』

 3月6日(金)放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)は、Kis-My-Ft2を特集する。

 4週にわたる特集の最終話では、昨年末に初出場を果たした『NHK紅白歌合戦』の裏側や、グループとして初となる海外パフォーマンスに挑んだ7人の姿を追う。

 国内の5大ドームツアーを成功させるなど、活躍目覚ましい彼らだが、グループ単独での海外パフォーマンスはまだ経験したことがなかった。そんな彼らが、昨年11月、台湾で開催された音楽やアート、ファッションなどあらゆるジャンルでアジアを代表するアーティストが集結する「ASIA FASHION AWARD 2019 in TAIPEI」に出演することに。

 二階堂高嗣が「ローラースケートがきっかけでKis-My-Ft2が出来たので、大事です。ジャニーさんがくれた武器」と語るように、彼らは、武器であるローラースケートでのパフォーマンスを行うことになっていた。

 本番の会場に到着し、リハーサルを行うが、ステージとなるランウェイは狭く、彼らはローラースケートの命ともいえる疾走感を出せるか懸念していた。そんな中、迎えた本番では、狭いステージをものともせず駆け回る7人の姿があった。

 “どんな状況でも、持てる力をすべて出す”。ローラースケートを授けてくれた恩師の教えを、彼らは見事に体現した。本番後、玉森裕太は「もちろん緊張はしていたし盛り上がるのかなとかいろいろ考えていましたけど、すごく温かく迎えてくださって、一緒に盛り上がれたのでこっちも感動しました」と語った。

 グループについて、北山宏光は「みんな若干変だよ、いい意味でね。みんな違うからいい」、宮田俊哉は「この先じいちゃんになっても7人で仲良くいるっていうのが理想」と話す。

 第一線で活躍しながらも、常に新たな挑戦を続けている“若干変な”7人。玉森が「Kis-My-Ft2以外のジャニーズの人がめちゃくちゃ体張ったりとかしないでほしいです。Kis-My-Ft2ってヤベえグループだなって思ってもらえたらいいなと思います」と語るように、“ヤバい”グループが放つ輝きを追う。

『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』
フジテレビ(関東ローカル)
毎週(金)深0時55分~1時25分

テーマ:「Kis-My-Ft2~10年目への飛躍~」
Kis-My-Ft2(北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣)

ナレーション:風間俊介
メインテーマ:山下達郎『RIDE ON TIME(2018 NEW VOCAL VERSION)』

番組公式HP:https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/

©フジテレビ