志田未来が中村倫也主演『美食探偵』に出演!津軽弁テンコ盛りの林檎娘に | TV LIFE web

志田未来が中村倫也主演『美食探偵』に出演!津軽弁テンコ盛りの林檎娘に

エンタメ総合
2020年03月10日
©NTV ©東村アキコ/集英社

4月12日スタートの日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)に、志田未来の出演が決定した。

志田の役どころは、連続殺人鬼・自称マグダラのマリア(小池栄子)に初めて殺人を依頼するりんご農家の娘、古川茜。大学進学で上京した彼氏の浮気に悩みインターネットで相談したところ、マグダラのマリアに目を付けられ、浮気相手の殺人を依頼することになり、マリアから“林檎”と名付けられる。

原作を読んで林檎の容姿がどことなく自分に似ていると感じたという志田は、「ぜひやらせて頂きたいと思いました。りんご農家の素朴で真っ直ぐな茜が、どうして殺人に手を染めてしまうのか。マリアファミリーとしてどう活躍していくのか。楽しみにしていただけるとうれしいです」と意気込みを。

志田未来 ©NTV

志田の起用について「ドラマ『女王の教室』を初めて観た時の衝撃は、今でも鮮明に覚えています」と語る情報・制作局の荻野哲弘プロデューサーは、 「志田さんには津軽弁との格闘をお願いしています。実は現時点で志田さんの津軽弁セリフがテンコ盛りの、第2話のクライマックスとなるシーンは撮影し終えているのですが、志田さんの天性の才能と絶大な努力のおかげで、現場ではスタッフ一同が感嘆の声を上げ、編集室ではすすり泣きの音が絶えない名シーンとなっております」と手放しでその演技力に賛辞を送っている。

本作はヒットメーカー・東村アキコの初サスペンス漫画が原作。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

『美食探偵 明智五郎』
日本テレビ系
2020年4月12日スタート
毎週(日)後10・30~11・25
原作:「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)
出演:中村倫也 小芝風花 小池栄子 北村有起哉 佐藤寛太ほか
©東村アキコ/集英社