『アライブ』松下奈緒、涙の撮了「全ての皆さんに感謝」 | TV LIFE web

『アライブ』松下奈緒、涙の撮了「全ての皆さんに感謝」

エンタメ総合
2020年03月19日
『アライブ』

『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)に出演する松下奈緒がクランクアップを迎えた。

 松下の最後のシーンは、病院の玄関からタクシーに乗り、出かけるシーン。最後のカットを撮り終え「松下奈緒さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手の中、花束を持って登場した髙野舞監督とねぎらいの抱擁を交わした。

 松下は「とうとうこの日が来てしまいました。初めて臨床医の役を頂いて、詳しく伺ってみると“腫瘍内科”という私は知らなかった診療科の先生でした。自分で勉強したりいろいろな方からお話を伺ったりしながら今日まできて、腫瘍内科を少し理解して、腫瘍内科医の気持ちも少しだけ分かり始めたかな、“もっと分かりたい”“もっと知りたい”と思い始めたら終わってしまいます。このままいろんな患者さんをみたいと思うし、もっと皆さんとご一緒したかったので寂しいです…。恩田心を演じる上で、迷ったり悩んだりすることもありましたが、現場にいくと悩みが解決されました。心は皆さんが支えて作ってくださったと思います。私は一生懸命やるだけで、自然と恩田心になれる現場でした。『アライブ』の現場は居心地が最高でした」と振り返った。

 続けて「丁寧に生きる人の生き様を感じられる作品に関わることができて幸せでした。命をテーマに扱う作品なので、“暗く重くならないように、毎日笑顔で楽しく頑張ろう”と撮影が始まる前は意識していましたが、そんな心配がいらないくらい現場の皆さんがいつも温かくて、こんなに楽しくていいのかなと思うほどでした。共演者の皆さん、スタッフの皆さん、ここにいらっしゃらないスタッフの皆さん、そして医療監修の先生方、全ての皆さんのおかげでこのドラマは成り立っています。全ての皆さんに感謝したいです」と涙を浮かべながら思いを語った。

 そして「これにて“チームアライブ”“チームオンコロ”はひとまず解散です。また皆さんとお仕事ができるように頑張ります!」とあいさつを締めくくった。

<最終回(3月19日(木)放送)あらすじ>
困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。
しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。
一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしていた。医師としての将来を思う阿久津(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることができない。
また、研修期間が終わろうとしている結城(清原翔)と夏樹(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫がやってくる。
治療を受ける薫に驚く莉子。だが、莉子も既にがんと闘う決意に満ちている。莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていた。
二人の女性医師、そしてそれぞれの医師たちに、変革と旅立ちのときが訪れようとしていた。

『アライブ がん専門医のカルテ』
フジテレビ系
最終回 3月19日(木)後10時~10時54分

<出演者>
松下奈緒、木村佳乃
清原翔、岡崎紗絵、小川紗良/田辺誠一
藤井隆、木下ほうか・北大路欣也
最終話:三田寛子、佐津川愛美

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/alive/
公式Twitter:https://twitter.com/Alive_cx
公式Instagram:https://www.instagram.com/Alive_cx/

©フジテレビ