フルマラソン初挑戦の狩野英孝にサンド&パンサー尾形がエール | TV LIFE web

フルマラソン初挑戦の狩野英孝にサンド&パンサー尾形がエール

エンタメ総合
2020年04月11日
フルマラソン初挑戦の狩野英孝にサンド&パンサー尾形がエール

 10月3日(土)、4日(日)に開催される「東北・みやぎ復興マラソン」で、宮城県出身の狩野英孝がフルマラソンに初挑戦。『東北魂TV』(BSフジ)で共演するサンドウィッチマン、『仙台市青葉区 かのおが便利件』(仙台放送)で共演するパンサー・尾形貴弘から応援メッセージが到着した。

 昨年、台風19号の影響により中止となった本大会。挑戦中止となった悔しさを乗り越え、狩野が故郷・東北で満を持して42.195キロに挑む。

フルマラソン初挑戦の狩野英孝にサンド&パンサー尾形がエール

<狩野英孝 コメント>

◆2019年大会が中止になってしまったときはいかがでしたか?

一生懸命練習をし、体のメンテナンスにも気を使っていただけに残念でした。『かのおが便利軒』でもいろいろな所を回り、多くの人から応援をもらって。多くの方がそうであったようにとても悔しい思いでした。

◆今年のトレーニング状況は?

今年はコロナウイルスの影響もあり、ジムや外でのトレーニングが思うようにできないので厳しい状況ですが、せっかくのリベンジの機会。去年体を作った蓄積とつらさを知った経験で頑張りたいです。

◆今年の大会へ向けて意気込みをお願いします。

昨年の会見では、『東北魂TV』『かのおが便利軒』2番組のクビをかけていましたが、走りたくて走っていることに対し、ゲーム感覚の約束をしてしまったことを後悔してます。今年は、生放送の特番内でゴールすることが目標。東北人、宮城人には乗り越える力がある。みんなと一緒に走り、絆を深めたいです。

<パンサー・尾形貴弘 コメント>

狩野君が大好き。一緒に番組をやっている親友であり、素晴らしい仕事仲間。今回、狩野君が完走できなければ『かのおが便利軒』を終わってもいい。それくらいの気持ちを全て託して応援してます。どんなことをしても完走してほしい。東北の皆さん、みんなで信じよう!

<サンドウィッチ コメント>

■伊達みきお

狩野君自体がいろんな壁をどんどん乗り越えている。まさに東北人の象徴。ここまで乗り越えている人はなかなかいない。普通はつぶれます。特番の放送時間内にゴールをすることは、初のフルマラソンではなかなか大変なこと。『東北魂TV』『かのおが便利軒』両番組のためにもぜひ頑張ってほしい!

■富澤たけし

(狩野英孝は)こんな男だが、やるときはやる。狩野君が頑張っている姿で、東北の人も頑張ろうと思ってくれる。狩野君が頑張れるということは、誰でも頑張れるということ。与えられる存在だと思っているのでぜひ頑張ってほしいです。

「東北・みやぎ復興マラソン2020」の模様は、仙台放送やBSフジで放送予定。