仮面YouTuberラファエル、超過激な違反動画でアカウント停止の“しくじり”激白 | TV LIFE web

仮面YouTuberラファエル、超過激な違反動画でアカウント停止の“しくじり”激白

エンタメ総合
2020年05月08日
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 YouTuberのラファエルが、5月11日(月)放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系 深0・15ほか)で“過激な動画をあげすぎてアカウント停止されちゃった先生”として授業を行う。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 トレードマークのグレーのパーカーに白い仮面という姿で登場したラファエル。2014年に仮面で素顔を隠した“仮面YouTuber”として活動を開始し、YouTube界に唯一無二の存在として君臨。それだけにとどまらず、複数の会社経営も手掛けている。

 しかし、昨年1月に突然YouTubeのアカウントが停止に。5年間で増やした約240万人のチャンネル登録者が一瞬にしてゼロになるという“大しくじり”をやらかしてしまった。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 200万人超えの登録者を持つアカウントの停止はめったにないことで、損失額は数千万円。新アカウントを軌道に乗せるまでの間、無収入生活を余儀なくされた。ラファエルはそんな事態を招いた原因は、超過激な違反動画ばかりをアップしていたからだと明かす。

 近年、小学生の“なりたい職業ランキング”でも上位に入るYouTuber。そこで今回の授業では、YouTuberを夢見る人々のアカウントが突然停止されないための講義とともに、ラファエルがどのような苦労を経て現在の成功をつかんだのかもたどっていく。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 実はラファエルは、元陸上自衛隊員。大阪の定時制高校を卒業後、パチンコ店や飲食店で働いていたところ、友人から「俺らでも国家公務員になれる」と誘われ「じゃあ俺も入るわ!」と軽いノリで入隊したという。ラファエルは、そこからいかにして人気YouTuberへと上り詰めたのかを語る。

 放送直後の深0時45分からはABEMAでこの授業の完全版と、オリジナル企画“お笑い研究部”の新作として鬼越トマホーク、納言、とろサーモン・久保田かずのぶ、中山功太が集結した“世間の好感度を考える”の第3弾が1週間無料配信される(その後は1年間有料配信)。

©テレビ朝日