『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』坂本真綾の主題歌タイトル発表 | TV LIFE web

『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』坂本真綾の主題歌タイトル発表

エンタメ総合
2020年05月26日

 8月15日に全国劇場で公開予定のアニメ『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』の前編 「Wandering; Agateram」で、坂本真綾が歌う主題歌楽曲タイトル及び作編曲者情報が公開された。

 主題歌タイトルは「独白」。本楽曲の作曲・編曲は、坂本の2014年リリースの楽曲「レプリカ」でもタッグを組んだandropの内澤崇仁が手掛ける。「レプリカ」はFateシリーズの生みの親である奈須きのこが『神聖円卓領域キャメロット』シナリオ制作時に影響を受けたと語っており、ゲーム『FGO』プレイヤーからも人気が高い楽曲だ。

 これらの情報は、『Fate/Grand Order カルデア放送局 ライト版〜「Fate/Requiem」コラボレーションイベント開催記念放送〜』にて解禁された。番組内ではスマートフォン向けRPG「Fate/Grand Order」第2部後期主題歌が坂本真綾の「躍動」であることも発表。こちらはロックバンド「ユアネス」とのコラボで、作詞を坂本真綾、作曲をユアネスの古閑翔平、編曲・演奏をユアネスが担当する。

 今回の解禁に伴い、坂本真綾は「劇場ではきっと最後のシーンを見届けたあと、ベディヴィエールの中に渦巻く様々な感情に寄り添い、立ち上がることもできずエンドロールを見つめるみなさんの姿があるはず」と、期待の高まるコメントを発表している。コメント全文は以下を参照。

<坂本真綾 コメント>
前編のラストシーンをどのように描き、どんなふうに後編へ繋げていきたいかという監督の思いをうかがい、私なりに主題歌としての役割をじっくり考え、この「独白」という曲が完成しました。
劇場ではきっと最後のシーンを見届けたあと、ベディヴィエールの中に渦巻く様々な感情に寄り添い、立ち上がることもできずエンドロールを見つめるみなさんの姿があるはず。
そのとき流れる音楽として相応しいものが生まれたと思っています。劇場で体感してください。

<動画>
第2弾特報

<作品情報>
『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編 Wandering; Agateram/後編 Paladin; Agateram』
前編 Wandering; Agateram  2020年8月15日公開

<WEB>
公式サイト:https://anime.fate-go.jp/ep6-movie/
公式Twitter:@FGOAP_ep6

©TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT