柄本明ひとり芝居「煙草の害について」を浅草九劇よりオンライン上演決定 | TV LIFE web

柄本明ひとり芝居「煙草の害について」を浅草九劇よりオンライン上演決定

エンタメ総合
2020年05月28日

 株式会社レプロエンタテインメントは、自社が運営する劇場・浅草九劇を“オンライン型演劇場”としてリニューアル。リニューアル後の第1弾企画として柄本明による、ひとり芝居「煙草の害について」を6月5日(金)、6日(土)に上演することが決定した。

 本作は、柄本明が1993年に初めてのひとり芝居の試みとして、自身が構成・演出して上演した作品。アントン・チェーホフの原作は上演時間20分ほどの短編だが、柄本による上演ではほかのアントン・チェーホフ作品を部分的に取り入れつつ新たに書き加えた、1時間ほどの風変わりなひとり芝居となっている。

 上演の模様は動画プラットフォーム・Vimeoを通じて、有料生配信。チケットは5月28日(木)午前6時より、電子チケットの販売プラットフォーム・PassMarketを通じて販売開始している。視聴方法や公演情報についての詳細は、公式サイトを参照。

 そのほかにも浅草九劇では、6月7日(日)にミュージカル俳優・福井晶一によるトーク&ライブ「It’s Sho-Time」、6月17日(水)と18日(木)に大鶴佐助と大鶴美仁音によるふたり芝居「いかけしごむ」(作:別役実)を上演。さらに6月24日(水)から26日(金)には中村まこと&藤間爽子、山口森広&町田マリーによるふたり芝居「タンスのゆくえ」(作・演出:田村孝裕)をそれぞれ上演する。

 芸能の聖地・浅草に開業し、4年目を迎える浅草九劇。2020年6月以降は、新しい時代の新しいクリエイティブに挑戦できる環境を整え、より多くの作品のオンライン配信が快適にできるような設備とスタッフを常設した“オンライン型演劇場”として運営していく。

 今回の発表に伴い、柄本明からのコメントも発表されている。

<柄本明 コメント>
演劇人としてまた俳優として、
何かやらなければと考えていたところ
浅草九劇から声をかけていただきました。
よろしくお願いします。

<公演情報>
柄本明ひとり芝居「煙草の害について」
公演日:2020年6月5日(金)後7・30開演、6日(土)後2・00開演

原作:アントン・チェーホフ
構成/演出/出演:柄本明

場所:浅草九劇
配信元:Vimeo(https://vimeo.com/jp
ライブ配信:2,000円
チケット購入:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0186kw1103cqd.html

<WEB>
浅草九劇公式サイト:https://asakusa-kokono.com/
浅草九劇公式Twitter:https://twitter.com/lespros_9geki