“バスケ界のレジェンド”折茂武彦のラストシーズンを追う『折茂 49歳の決断』HTBで5・30放送 | TV LIFE web

“バスケ界のレジェンド”折茂武彦のラストシーズンを追う『折茂 49歳の決断』HTBで5・30放送

エンタメ総合
2020年05月29日
『折茂 49歳の決断』

 HTBノンフィクション『折茂 49歳の決断-秘めた苦悩-』(HTB)が5月30日(土)前10時40分から放送される。

 2019-2020のシーズン開幕直前、レバンガ北海道の折茂武彦が引退を決めた。現役最年長の“バスケ界のレジェンド”の決断の裏側には、密着取材を続けてきた取材班にに明かした「真実」があった。

 限られた人にだけ伝えていた自身の病気。思うようなプレーができないことへの怒り。苦悩を心にしまい走り抜けたラストシーズン。折茂が普段誰にも見せない“心の揺れ”をカメラが追う。

 2007年、37歳で強豪・トヨタ自動車からレバンガ北海道の前身・レラカムイ北海道に移籍した折茂。40歳の時にチームの運営会社が経営破たんし、以降は自ら「選手兼代表取締役社長」として経営に携わり、チームを引っ張ってきた。

 そんな折茂がプロ27年目の集大成として臨んだラストシーズンを追い、ただ勝つことに飢えていた“孤高の天才”が、50歳の今たどり着いた境地に迫る。

<折茂武彦 プロフィール>
1970年5月14日、埼玉県生まれの50歳。
日本大学を卒業後、トヨタ自動車に入社。世界選手権出場(1998年、2006年)など数多くの日本代表経験を持つ。2007年にレラカムイ北海道に移籍するも、チームは4年後に経営破たん。自ら運営会社を立ち上げることを決意し、2011年からはレバンガ北海道の選手兼代表としてコートに立ち続けた。2019年1月5日、日本出身選手として初のトップリーグ通算1万得点を達成した。

HTBノンフィクション『折茂 49歳の決断-秘めた苦悩-』
HTB(北海道ローカル)
2020年5月30日(土)前10時40分~11時10分

出演者:折茂武彦
ナレーター:谷口直樹(HTBアナウンサー)

番組ホームページ:https://www.htb.co.jp/hn/