健さんの遺した言葉とは…?高倉健の言葉を書籍化『幸せになるんだぞ』発売 | TV LIFE web

健さんの遺した言葉とは…?高倉健の言葉を書籍化『幸せになるんだぞ』発売

エンタメ総合
2020年06月02日

 高倉健の遺した言葉を紹介する単行本『幸せになるんだぞ 高倉健 あの時、あの言葉』が、角川書店より6月2日(火)に発売された。

 著者・谷充代は、約30年にわたり高倉健が亡くなるまで取材を続け、信頼を得てきた編集者。1980年代半ばから2000年代まで、高倉健をめぐって様々な取材を重ねてきた。ラジオ番組をもとにした『旅の途中で』(高倉健、新潮社)のプロデュースを担当したほか、著書に『「高倉健」という生き方』(新潮新書)、『高倉健の身終い』(角川新書)がある。

 そんな彼女のもとには、106本におよぶ当時の取材テープが残されていたという。その中には、高倉健本人から「俺が死んだら、みんなで聴いてくれ」と託されたカセットテープもあったそうだ。

 そこには、高倉健自身、そして極めて親しい人たちの声が収められていた。江利チエミ、小林稔侍、佐藤浩市、降旗康夫監督、ドライバー、キャメラマン、活動屋たちなど、ともに仕事をし、一緒に過ごした仲間へ高倉健はいつもエールを送っていたという。

 本書ではそんな高倉健の遺した大切な26の言葉を、当時のエピソードとともに紹介している。

<書誌情報>
『幸せになるんだぞ 高倉健 あの時、あの言葉』(著・谷充代)
2020年6月2日(火)発売
※電子書籍同日配信予定

定価:本体1,300円+税
ISBN:9784041088753
発行:KADOKAWA
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321907000687/