上田晋也が橋下徹、ひろゆき、古谷経衡らと「コロナ禍で見えた日本の問題点」を生討論 | TV LIFE web

上田晋也が橋下徹、ひろゆき、古谷経衡らと「コロナ禍で見えた日本の問題点」を生討論

エンタメ総合
2020年06月05日
『上田晋也のニュースな国民会議』

 『上田晋也のニュースな国民会議』(TBS系)が6月6日(土)に生放送される。

 この番組は、上田晋也の進行の下、「未来のために、今考えておきたい問題」について国民目線で解決策を探っていく生放送討論番組。第3弾となる今回は「コロナ禍で見えた日本の問題点」をテーマに送る。

 新型コロナウイルス発生の一報が伝えられてから、まもなく半年。番組では約7000人に、この半年間で見えてきた「日本の問題点」についてアンケートを実施し「政府の対応の遅さ」「有事への備え」「IT化の遅れ」「医療体制」などの問題点が浮き彫りとなった。これを受けて「反対するなら代案を」というコンセプトのもと、問題の解決策を話し合う。

 ゲストには、元大阪府知事の橋下徹、ネット掲示板「2ちゃんねる」の開設者・ひろゆき、ビジネスインサイダージャパン統括編集長・浜田敬子、小泉内閣で大臣を歴任した竹中平蔵、文筆家の古谷経衡、ジャーナリストの龍崎孝が登場。さらに、現役の医師や新型コロナウイルスに感染した人、スーパーの店主、テーマパークの従業員、Uber Eatsの配達員など、コロナ禍を肌で感じてきた25人の国民がリモートで参加する。

 また、今回も視聴者からTwitter「#ニュースな国民会議」で広く意見を募集する。

『上田晋也のニュースな国民会議』
TBS系
2020年6月6日(土)後2・00~3・24(生放送)

©TBS