中村倫也&菅田将暉「KIBO宇宙放送局開局特番」8・12流星群の夜に生配信・放送決定 | TV LIFE web

中村倫也&菅田将暉「KIBO宇宙放送局開局特番」8・12流星群の夜に生配信・放送決定

エンタメ総合
2020年07月08日

中村倫也と菅田将暉が出演する公開実験番組「KIBO宇宙放送局開局特番〜WE ARE KIBO CREW〜」が、8月12日(水)にBSスカパー!で生配信・放送決定。またRADWIMPSが提供した楽曲のフルバージョンも、番組終盤で初公開される。

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)の新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す共創型研究開発プログラム(J-SPARC)におけるプロジェクトとして、企画制作会社バスキュールとスカパーJSATが推進する、宇宙メディア事業「KIBO宇宙放送局」。国際宇宙ステーションにスタジオを開設し、JAXAとともにメディアプラットフォームの実現に向け、一般の視聴者や企業も参加する公開実験番組の生配信・放送を実施する。

本番組を率いるのは、企画づくりから参加しているメインクルーの中村と菅田。初回実証実験の大きな目標である「誰もがメッセージを発信できる舞台として、宇宙を開放する」先導役として活躍を期待されている。その中村クルーと菅田クルーを中心に、地上400km、秒速8kmの速さで移動している国際宇宙ステーション(ISS)に開設されたKIBO宇宙放送局から、宇宙と地球をつなぐ世界初の双方向ライブ配信実験にチャレンジ。

番組配信日となる8月12日は、三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」が地球に訪れる夜。願いが叶うと言われる星降る夜こそ、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟を舞台にした世界初のチャレンジにふさわしいと考えたとのことだ。

KIBO宇宙放送局では、「きぼう」内にある地球を望む円窓の隣に設置されたディスプレイ上に、さまざまな映像や視聴者の声をリアルタイムにアップリンクし、表示することが可能。そして、その様子を宇宙飛行士が撮影し、ダウンリンクすることで、宇宙と地球をつなぐ双方向配信が実現する。

地上と双方向でつながる宇宙のディスプレイに、最初に映し出される映像は何か、最初に映る人は誰か、最初に流れる音楽は何か、最初に流れるCMは何か…。たくさんの“世界初”がつまった、チャレンジだらけの開局特番となっている。

中村と菅田は、メインクルーとして番組企画を検討するにあたり、JAXA筑波宇宙センターを訪問。KIBO宇宙放送局の舞台である、「きぼう」日本実験棟の実物大模型や、地上から「きぼう」をコントロールする管制室などを体験し、KIBO宇宙放送局のチャレンジの意義や難しさを実感した。

 

さらに、サプライズで登場した油井亀美也宇宙飛行士とは、実際に宇宙に行った際の体験エピソードや宇宙からみた地球の様子など、貴重な意見交換も。JAXA訪問の様子は、公式YouTubeチャンネルや公式Twitterアカウントで公開予定だ。

また、開局特番に向けて、宇宙に映すKIBOの動画を一般の視聴者から募集。スマホで撮影した自分や家族の動画を特設Webサイトに投稿するだけで、誰もが宇宙に登場し、青い地球を望む宇宙空間から、地上へメッセージを発信することができる。

番組の終盤、地球一周の旅の終わりに、みんなのKIBOを音楽で彩るのはRADWIMPSだ。「ココロノナカ」のフルバージョンが、KIBO宇宙放送局で初公開。地上400kmの宇宙で、みんなのKIBOと「ココロノナカ」が共鳴することで、ハッピーエンドなミュージックビデオが生み出されていく。

詳細は、公式サイト及び公式Twitterアカウントを参照。また、次ページには中村倫也と菅田将暉のJAXA訪問時のコメントなどを掲載している。

  1. 1
  2. 2