池上彰が「戦争マラリア」の地・八重山諸島へ『戦争を考えるSP』8・15放送 | TV LIFE web

池上彰が「戦争マラリア」の地・八重山諸島へ『戦争を考えるSP』8・15放送

エンタメ総合
2020年08月04日

『戦争を考えるSP』

『池上彰の戦争を考えるSP 終戦75周年特別企画~ゲゲゲの鬼太郎が見た太平洋戦争~』(テレビ東京)が8月15日(土)に放送される。

テレビ東京が毎年夏に放送している『池上彰の戦争を考えるSP』。これまで、真珠湾攻撃、終戦秘話、沖縄戦、昭和天皇、マッカーサー、松岡洋右外相、原爆、特攻、独裁者など、さまざまなテーマで“戦争”を考えてきた。

『戦争を考えるSP』

12回目となる今回は、池上彰が八重山諸島を訪れる。新型コロナウイルスが世界を席巻し、感染症の恐ろしさをあらためて痛感している現在。戦場で感染症が蔓延した時に起こる悲劇について考える。

『戦争を考えるSP』

75年前に起きた第二次世界大戦では、マラリアや餓えで失った命が多くを占めていた。マラリアとは、蚊(ハマダラカ)が媒介し人体を襲う感染症。池上はその感染症で多くの人を失った八重山諸島へ。ジャングルの奥深くに入り、マラリア感染の悲劇の現場を実際に見た池上は、そこで当時の「戦争マラリア」の被害者から悲痛な経験を聞く。

『戦争を考えるSP』

また、75年前、南太平洋の最前線でマラリアに感染し、生死をさまよった『ゲゲゲの鬼太郎』の作者・水木しげるが漫画を通して伝えたかった思いに迫る。水木が戦後著した戦記漫画では、最前線ラバウルの出来事をすさまじく、そしてユニークに描き、戦場の過酷さと日本軍の理不尽さを世に知らしめた。

『戦争を考えるSP』

水木の仕事場を訪ねた池上は、水木の長女から話を聞き、未完成作品を見せてもらう。そして「地獄と天国」など、水木作品を用いながら当時の悲惨さを表現する。

『戦争を考えるSP』

池上彰 コメント

75年前に終わった戦争で、日本人310万人が犠牲になったと言われています。この中にマラリアなど感染症による戦病死や餓死者がかなりの数を占めています。水木しげるさんは南太平洋でマラリアにかかり生死をさまよいました。帰還した水木さんは戦後、漫画を書いて戦争の実態を必死に伝えました。この番組でそれをひもときます。そして、私は八重山諸島で「もうひとつの沖縄戦」を取材してきました。そこには「戦争マラリア」という恐ろしい病が一家全滅をもたらした悲劇がありました。戦時に感染症が蔓延すると、何と悲しい結果を招くのか、強い衝撃を受けました。今、新型コロナという感染症に揺れる時だからこそ、こうした悲劇を多くの視聴者に深く受け止めていただけるのではないでしょうか。

統括プロデューサー・福田裕昭 コメント

ジャングルを奥深く入っていく87歳の戦争マラリア経験者の後を池上彰が追いかけていきます。その後をカメラクルーが続くという信じられない光景がありました。森林の奥にあったのは、75年前の住民たちの過酷な暮らし、そしてそこは戦争マラリアの悲劇の現場でした。これは「池上彰、渾身の戦争ルポ」です。八重山諸島は医療過疎地で、取材相手は高齢者ということで、現地ではソーシャルディスタンスなど、いつも以上に気をつけて取材に当たりました。池上さんも含めて八重山諸島取材班は全員PCR検査を受けて陰性を確認した上で現地へ向かいました。

番組情報

『池上彰の戦争を考えるSP 戦後75 周年特別企画~ゲゲゲの鬼太郎が見た太平洋戦争~』
テレビ東京
8月15日(土)後0・30~2・25(生放送)

BSテレ東
8月20日(木)後5・58~7・55

出演:池上彰、相内優香・池谷実悠(テレビ東京アナウンサー)

©テレビ東京