内博貴、2度目の文豪役に「何か縁があるのかな」舞台「『走れメロス』~文豪たちの青春~」開幕 | TV LIFE web

内博貴、2度目の文豪役に「何か縁があるのかな」舞台「『走れメロス』~文豪たちの青春~」開幕

エンタメ総合
2020年09月05日

舞台「『走れメロス』~文豪たちの青春~」

内博貴主演の浪漫舞台「『走れメロス』~文豪たちの青春~」の東京公演開幕直前取材が行われ、内のほか、谷村美月、室龍太(関西ジャニーズJr.)、千原せいじ、山口真帆、湖月わたる、なべおさみが登壇した。

本作は、小説家である太宰治が若き頃、多くの作家たちとの友情や、彼が愛する女性たちとの愛や苦悩に満ちた波乱の人生を題材に、太宰と共に当時を駆け抜けた親友で作家の檀一雄が書き上げた回想録「小説 太宰 治」をベースに、書き下ろされた。

2年ぶりの主演を務める内。文豪の役に挑戦するのは2回目ということで役作りについて問われると「過去に織田作之助さんをやらせていただいたことがあり、せりふの中で『太宰は~』というのもあって。まさか自分が太宰さんをやるとは思わなかったので、何か縁があるのかなと自分で勝手に思っている。以前、文豪さんの役をやったから、すぐできるわけではないんですが、経験したことがあるので、スタート地点は苦しまずに悩むことなく、すんなり入れたなと思う」と明かした。

檀一雄役を演じる室は「ストーリーテラー的な立ち位置だと思っていますので、しっかり務めていきたい」と語った。

井伏鱒二役の千原は、記者から「似ている」と言われると、「文豪寄りですからね。ずっと文豪芸人でやってましたから(笑)」とジョークを言うと、内と室の2人が「初耳ですよ!」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

小山初代、太田静子の二役を演じる谷村は、「お稽古の時は自分的に落ち着かなくてできなかったんですが、劇中にも出てくる太田静子さんの斜陽日記を読んでみたりして役作りをしました」と明かした。

本作が初舞台の山口は「分からない事が多々あったのですが、皆さんのお力添えいただいたので、初日を迎えることができました」と緊張気味に語り、記者から「優しい人はいましたか?」という問いには、「皆さ、優しかったです…」と少し詰まり気味で明かすと、室から「その言い方だと全員優しくないみたいになりますよ(笑)」とツッコまれ「皆さん、とても優しかったです!」と力強く答えた。

そんな山口に「座長として何かアドバイスしたか」と問われた内は「アドバイスはしてないんですが、稽古中に演出家の方が演技指導された時に、肝が据わっているなと思ったのは『はい、分かりました!』ではなく、『なるほど!』で(笑)。この子はスターになるなと思いました」と裏話を明かした。

銀座のバーのマダムを演じる湖月は「(内が)稽古場からとても魅力的で、さまざまな女性とのシーンもすてきなんですが、宝塚で男役時代に男同士の友情にすごく萌えていたところがありまして、内さんと室さんの男同士のシーンで少し甘えるところとか、先輩後輩感とかにキュンキュンきた」と絶賛。

これを受けて内は「(2人の関係性を気づくのに)そんなに苦労はしなかった。室が他の舞台をやっていて稽古に来れなかったんです。それで最後のほうから参加して、大変だったと思うんですが、1人で読み込んできてくれて、スムーズに稽古できましたし、さすがジャニーズだなと思いました」と語ると、室が「内君もジャニーズです」とツッコミを入れ、笑いを誘った。

山口演じる富栄の父親役を演じるなべは「僕はもう次の舞台のことが頭に浮かんでる。(内が)夏目漱石の『吾輩は猫である』をやったら、吾輩は猫をやろうと、室さんが『坊ちゃん』をやれば、俺は赤シャツをやりたいなと考えている」と前のめりに話すと、内が「まだこの舞台始まってないですよ(笑)」とツッコみ、落ち着かせていた。

最後に内が「このコロナ禍の中で来てくださる方に、何か与えられるものがあればいいなと、全力でやらせていただきます。来ていただく際は、十分に気をつけて、僕たちも気をつけていますので、その中で1つの作品を皆さんと一緒に楽しめたらなと思っております」と締めくくった。

また、東京千秋楽公演を含む4公演が生配信されることも決定した。

この記事の写真

公演情報

浪漫舞台「『走れメロス』~文豪たちの青春~」

出演:内博貴、谷村美月、室龍太(関西ジャニーズJr.)、千原せいじ、山口真帆、なべおさみ ほか

東京・ヒューリックホール東京
2020年9月5日(土)~9月13日(日)

愛知・名古屋市公会堂
2020年9月22日(火・祝)

大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
2020年9月25日(金)~9月27日(日)

原作:檀 一雄「小説 太宰 治」より
脚本/演出:モトイキシゲキ
制作:エイベックス・エンタテインメント/プロデュースNOTE

<生配信日程>
2020年9月12日(土)後1・00公演、後5・00公演
2020年9月13日(日)後1・00公演、後5・00千秋楽公演

視聴チケット料金:3300円

<視聴チケット販売期間>
【CNプレイガイド】
販売期間:2020年9月5日(土)後3・30~10日(木)前11・59
http://www.cnplayguide.com/melos-str/

【theatrelive】
販売期間:2020年9月10日(木)正午~各回開演2時間前まで
https://theatrelive.mu-mo.net/melos/