生田斗真「黒柳さんと恋人役をさせて頂けるなんて」朗読劇「ハロルドとモード」開幕 | TV LIFE web

生田斗真「黒柳さんと恋人役をさせて頂けるなんて」朗読劇「ハロルドとモード」開幕

エンタメ総合
2020年09月29日

撮影:濱谷幸江

朗読劇「ハロルドとモード」が9月28日(月)に開幕し、出演者の黒柳徹子と生田斗真、脚本・演出を務めたG2よりコメントが到着した。併せて、舞台写真も公開。

「ハロルドとモード」は、1971年にアメリカで公開された映画で、ブラックユーモアが随所にちりばめられた、79歳と19歳という年齢差のあるちょっと変わった2人のラヴストーリー。生きることの楽しさをコメディータッチで描いた、公開から約半世紀たった現在でも多くのファンを持つ作品だ。

1977年にジャン=ルイ・バローの演出により舞台化された後、同じくバローの劇団の来日公演が上演されるなど、ストレートプレイからドラマリーディング、ミュージカルと、キャストや上演形態を変え幾度となく上演。今作では、これまでに数多く脚本・翻訳・演出を手掛けてきたG2が、新たに朗読劇として脚本を書き下ろした。

出演は、79歳のチャーミングな女性・モードに黒柳徹子、モードに恋する19歳のやんちゃな少年・ハロルドに生田斗真。さらに趣里、浜田信也、相島一之、秋本奈緒美と豪華な顔ぶれで、型破りな2人の生き様と恋模様を描き出す。

舞台初共演となった生田について、黒柳は「とても大人っぽく男性的なので、私はひきずられっぱなしです。何歳なのかは伺ってないのでわかりませんが、堂々としていて、魅力的です。こういうかたと芝居できてラッキーです」と絶賛。

生田も「日本にテレビが普及した時から今日に至るまで、たくさんの日本人に愛されて続けている、日本のヒロイン。そんな黒柳さんと恋人役をさせて頂けるなんて夢にも思わなかった事です。稽古場でもいつも可愛いお洋服をお召しになっています。ご自身の信念と誇りを持って毎日を過ごされている姿に沢山のエネルギーと勇気を貰えます」とその魅力を語る。

脚本・演出を手掛けたG2は「1971年に書かれた原作ですが、今の時代にも古くさくなく新鮮に響くセリフが多く、コロナで疲れた心に、なにか新しい明日へのエネルギーを注ぎ込んでくれるに違いありません」とメッセージを寄せた。3名のコメント全文は、次ページを参照。

「ハロルドとモード」は、10月3日(土)まで東京・EXシアターにて上演中。10月14日(水)・15日(木)には、大阪公演も開催される。

  1. 1
  2. 2