劇団Patch・中山義紘がカンテレとの音楽朗読劇に期待「生でしか味わえない空気感を楽しんで」 | TV LIFE web

劇団Patch・中山義紘がカンテレとの音楽朗読劇に期待「生でしか味わえない空気感を楽しんで」

エンタメ総合
2020年10月03日
劇団Patch×カンテレ
劇団Patch

2020年12月末に大阪、2021年1月末に東京で上演される音楽朗読劇「マインド・リマインド~I am…~」に出演する劇団Patchを代表して中山義紘からのコメントが到着した。

本作は、近未来での“音にまつわるプルースト現象”をきっかけに、恋人に疑惑を持った男が現実と空想が交錯する世界に迷い込み、衝撃の事実にたどり着く様を描くラブ・サスペンス。劇団Patchメンバーは公演ごとに組み合せを変えて3人ずつ登場。ヒロイン役には谷村美月と入山法子がWキャストで出演する。

先頃発表されたばかりの谷村、入山の出演決定を受け、中山は「お二方の名前を聞いた時にメンバーから『おおぉ!!』という士気が高まる声が上がりました」と劇団Patchの面々の驚きを表現。

「お二方とも魅力と実力を兼ね備えている強力な女優さんなので、劇団Patchの劇団員とセリフを交わすとどんな化学反応が起こるんだろうと胸が高まります! お2人にとっても劇団Patchと作る『マインド・リマインド』が刺激と感動に満ちあふれる作品になる事を願っています」とコメントを寄せた。

音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』は、2020年12月に大阪のサンケイホールブリーゼで、2021年1月に東京の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演。メンバーの尾形大吾と藤戸佑飛が、本作をもって劇団Patchを卒業するため、現メンバーがそろって出演するのはこれが最後となる。

  1. 1
  2. 2