関ジャニ∞横山裕が作・松尾スズキ×演出・大根仁『マシーン日記』に主演!大倉孝二、森川葵、秋山菜津子が共演【コメントあり】 | TV LIFE web

関ジャニ∞横山裕が作・松尾スズキ×演出・大根仁『マシーン日記』に主演!大倉孝二、森川葵、秋山菜津子が共演【コメントあり】

エンタメ総合
2020年10月22日

『マシーン日記』

関ジャニ∞・横山裕主演のCOCOON PRODUCTION 2021『マシーン日記』が、2021年2月3日(水)から東京、京都で上演されることが決定した。

『マシーン日記』は、1996年にザ・スズナリで初演、翌年・翌々年に再演され全国ツアーを開催、さらに2001年、2013年に再演され、パリ公演も実現した松尾スズキの代表作のひとつ。

今回、2020年よりBunkamuraシアターコクーン芸術監督に就任した松尾が、“今”をときめく話題のクリエイターたちを自ら指名し、過去の松尾作品を“新演出”で甦らせるシリーズ第2弾として上演されることが決定した(5月に上演を予定していた第1弾『母を逃がす』は新型コロナウイルス感染症の影響に伴い公演中止)。

これまでは、松尾の演出によって上演されてきたが、今回演出に松尾が指名したのは、映画監督、映像ディレクターとして活躍している大根仁。ドラマ『モテキ』(2010年/テレビ東京)で脚光を浴び、翌年映画監督デビューを果たすと、その後数々の話題作の監督を務め、舞台では「電車男」(2005)や「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」(2012)の演出を手掛けるなど、多岐にわたり活躍している。大根は、ドラマ『演技者。』(2003年/フジテレビ)で一度『マシーン日記』の演出を手掛けており、ダークな世界観で狂気的な三者三様の愛の形を突き詰め、大きな評判を呼んだ。

主演は、関ジャニ∞の横山裕。松尾作品初参加にして、約3年半ぶりにシアターコクーンに登場する。横山が演じるのは、町工場に隣接したプレハブ小屋に、右足を鎖でつながれ監禁されている電気修理工のミチオ。町工場のパートにきたケイコと出会い狂いだす、おかしくも切ない男女の四角関係。愛憎劇に挑む横山の、鬼気迫る演技に注目だ。

共演には、名バイプレイヤーの大倉孝二、2回目の舞台出演となり若手注目株の森川葵、『キレイ-神様と待ち合わせした女-』『8月の家族たち』『美しく青く』などシアターコクーン作品にも多数出演し、名立たる演出家たちが絶大な信頼を寄せる秋山菜津子が顔をそろえる。

<ストーリー>
小さな町工場・ツジヨシ兄弟電業を経営するアキトシ(大倉孝二)は、妻サチコ(森川葵)と共に自らの工場で働いていた。工場に隣接するプレハブ小屋に住む弟のミチオ(横山裕)は、壊れた機械を見ると直さずにはいられない電気修理工。ミチオは訳あってアキトシに監禁されており、小屋と右足を鎖でつながれていた。一方のサチコには、かつてミチオに強姦された過去があり、いまだ不倫関係にあった。
そんな中、工場に新しいパート従業員としてサチコの中学時代の担任で体育教師であったケイコ(秋山菜津子)がやって来る。数学的思考でものごとを考え、極度の機械フェチでもあるケイコは、壊れた携帯電話を直してもらったことをきっかけにミチオと結ばれ、「あんたのマシーンになる」と服従を誓う。小さな町工場を舞台に、男女4人の情念渦巻く愛憎劇が始まる…。

  1. 1
  2. 2