中山義紘「僕の回が一番面白いと思っていただきたい」劇団Patch×谷村美月&入山法子の朗読劇、配役が決定 | TV LIFE web

中山義紘「僕の回が一番面白いと思っていただきたい」劇団Patch×谷村美月&入山法子の朗読劇、配役が決定

エンタメ総合
2020年10月28日

劇団Patch

2020年12月末に大阪、2021年1月末に東京で上演される音楽朗読劇「マインド・リマインド~I am…~」の囲み取材会が、大阪市北区のカンテレ本社で行われた。

取材会には、劇団Patchからメンバー6人(中山義紘、井上拓哉、竹下健人、三好大貴、吉本考志、田中亨)と、Wキャストでヒロインを演じる谷村美月が出席。劇団Patchメンバーと谷村は、取材前の打ち合わせで初顔合わせ。谷村について竹下は「実際にお会いしたらすごくチャーミングで明るい方で、一緒に作品を作れることがとても楽しみです」と印象を語った。

音楽朗読劇「マインド・リマインド~I am…~」は、ある特定の香りから記憶が呼び起こされる“プルースト現象”の音楽版。劇中にはロボットのエンジニアをしている主人公の「僕」、「僕」の恋人で音楽好きな「彼女」、「僕」の友人でもある「彼女の弟」、「僕」が訪れるクリニックの「医師」の4人が登場。劇団Patchメンバーは公演ごとに組合せを変えて「彼」「彼女の弟」「医師」の役で3人ずつ出演し、ヒロインの「彼女」をWキャストで演じる谷村と入山法子を加えた全9パターンの配役がこの日解禁された。

劇団Patch
井上拓哉

大阪公演初日に主人公「僕」を演じる井上は、「『僕』は一見すると明るいキャラクターですが、暗く演じることもできる。どちらも試せるなと思いました。ビジュアルポスターにあるように、小さい部屋に閉じ込められているような妄想が強い『僕』を、第三者的に俯瞰で見ていただければ、とても楽しめる作品だと思います」とコメント。

大阪公演初日の昼公演で「彼女の弟」を、夜公演で「僕」を演じる田中は、「一作品で2つの役をやること自体が初めてで、しかも同日に演じるとなると集中力もいりますし、切り替えも大変だろうなと」と前置きしながらも、「夜公演では谷村さんが彼女役なので谷村さんに『自慢の彼氏です』と思ってもらえるように頑張ります」と笑顔を見せた。

そんな劇団Patchとカンテレ局内で稽古をし、地元・大阪でも公演が行われることについて谷村は、「関西弁じゃないので大阪色はあまり出ないかもしれませんが、関西だと気持ちがオープンになります。東京はいつも萎縮してしまうので、大阪にいると壁が外れて気持ちが楽です」と。劇団Patchの名前の由来にもなっている“必死のパッチ”というフレーズについても「私の父もよく使っていたので懐かしいです」と地元愛を垣間見せた。

劇団Patch
谷村美月
  1. 1
  2. 2