『RIDE ON TIME』Sexy Zoneに8か月密着“エリート”アイドルとしての不安と葛藤に迫る | TV LIFE web

『RIDE ON TIME』Sexy Zoneに8か月密着“エリート”アイドルとしての不安と葛藤に迫る

エンタメ総合
2020年11月11日

『RIDE ON TIME』

11月20日(金)からの『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)は、今年デビュー10周年イヤーに突入する5人組グループ・Sexy Zoneを特集する。

2011年に、グループ平均年齢14.4歳という史上最年少デビューを果たしたSexy Zone。華々しいデビューからこれまで、シングル曲19作が連続オリコンチャート初登場1位を記録、『24時間テレビ』のメーンパーソナリティーを務めるなど、全てが順風満帆に見える彼ら。しかし、菊池風磨は「このグループに関して焦らなかった事は一回もないです」と語り、中島健人も「自分たちの力不足を感じる」と胸の内を語る。彼らが抱く意外な思い、そして葛藤とは何なのか…。約8か月に及ぶ密着で、人知れぬ内面をひもといていく。

取材を開始したのは今年3月4日、全国ツアー「POP×STEP!? TOUR 2020」のリハーサルからだった。ライブ初日に向かって、メンバーはそれぞれが意見を出し合いながら衣装やセット、演出を創り上げようとしていた。

しかし、そのわずか3日後、無情にもライブ中止の知らせが届く。その後も振替公演に期待した彼らだったが、コロナ禍は収束せず、公演はかなわなかった。だが、10月に無観客オンラインライブとして形を変えて実現。そのオンラインライブ終盤で中島健人は「半年以上の準備期間があり、ファンの皆さんも長い間、この瞬間を待ち続けてくれていたと思います。今この場に皆さんは居ないけど、いつか、輝く皆さんの笑顔に会うことが夢です」と語り、ファンとの再会を誓った。

そして、もうひとつ、Sexy Zoneにとって大切な場にもカメラは密着していた。体調不良により活動を休止していたメンバー、松島聡の復帰。マリウス葉が「太陽みたいな存在」と語るように、松島はグループのムードメーカーであり、4人にとってかけがえのない存在だ。

復帰後初となる音楽特番では、約1年9か月ぶりに5人そろっての歌唱を披露。この時歌った『RUN』は、一歩を踏み出すにふさわしい、Sexy Zoneにとって新たな代表曲とも言える楽曲。その時の思いを佐藤勝利は「4人で守ってきた『RUN』を、5人で歌えたことがまずうれしかった。そして5人であらためてステージに立てて、5人を見てもらえることが何よりもうれしい」と語った。

Sexy Zoneはグループ結成から1か月半でデビューに至った。その記録はジャニーズ史上最短でいまだ破られていない。そんな計り知れないほどの期待を一身に背負って走り続けてきた5人。だが、彼らはアイドルのエリートとして生きる不安や葛藤を人知れず抱えていた。しかし、10年目を迎えた今こそ見えてきた新たなSexy Zone像がある。そんな5人にしかない歴史と闘い、そして未来に向かう覚悟を映し出す。

番組情報

『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』
第2弾テーマ:「Sexy Zone ~結成9年目の葛藤~」

フジテレビ(関東ローカル)
2020年11月20日(金)深0時55分~1時25分

FODプレミアムで放送直後から独占配信(過去話も全て配信中)
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3547/

<出演者>
Sexy Zone(佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、マリウス葉、松島聡)

<ナレーション>
風間俊介

<メインテーマ>
山下達郎『RIDE ON TIME(2018 NEW VOCAL VERSION)』

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/

©フジテレビ