池田美優、“みちょぱ節”全開でdTV新CMナレーションに挑戦「もう年末年始は、コレっしょ!」 | TV LIFE web

池田美優、“みちょぱ節”全開でdTV新CMナレーションに挑戦「もう年末年始は、コレっしょ!」

エンタメ総合
2020年12月25日

池田美優、“みちょぱ節”全開でdTV新CMナレーション

“みちょぱ”こと池田美優がナレーションを務める映像配信サービス「dTV®」の新CM映像が、dTV公式YouTubeで公開。12月30日(水)よりTV放送もスタートする。

新CMは、“洋画・邦画・海外ドラマの作品が一気に500タイトル追加される上、月額料金が今までと変わらず550円(税込)で楽しめる”(AppStoreでの購入は除く)というdTVのサービスの魅力を分かりやすく伝えるため、さまざまな作品のフッテージ映像とスピード感あふれるタイポグラフィで構成。映像配信サービスの中でも人気ジャンルである洋画、邦画、海外ドラマを拡充することで、より多くの人たちに年末年始のおうち時間のお供としてdTVを楽しんでもらいたいという想いから新CMが制作された。

dTV新CM

CM内では「デッドプール2」「キングスマン:ゴールデン・サークル」「ウォーキング・デッド シーズン10」「東京喰種 トーキョーグール【S】」「空飛ぶタイヤ」など、話題となった人気タイトルが勢ぞろい。

さらにKis-My-Ft2の玉森裕太と宮田俊哉のボーイズラブを描いたオリジナルドラマ『BE LOVE』や、映画「名も無き世界のエンドロール」の半年後を描いたオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~』(2021年1月29日(金)配信開始)も入っており、今まで以上に豊富なラインナップになったことが一目で分かる内容となっている。

また、若い世代に多くの映画を楽しんでほしいという想いから、ナレーションに“みちょぱ”こと池田美優(22)を起用。ナレーションでは「映画とドラマの人気作、ドーンと500タイトル追加!なのに値段はそのまま!?マジで?やりすぎじゃない?dTVヤバくない?」と、“みちょぱ節”全開でサービスの魅力を紹介。さらに「もう年末年始は、コレっしょ!」「こりゃー私も家こもるわ~」など、コメントが異なる複数のパターンが用意されている。

dTV新CM映像

https://youtu.be/wJAHrDB_A8Q

ナレーション収録を振り返って、みちょぱは「私が普段から使っている話し方で収録を行ったので、非常にやりやすかったです!」とコメント。また、実際にdTVを使用してみて「トップページで胸キュン作品や泣ける作品など、分かりやすく特集が置かれていたので観たい作品が簡単に見つかるのですごい使いやすかったです」と感想を語った。

さらに思い出に残っている作品について「ワイルドスピード」シリーズを挙げたみちょぱは「仲間を想う映画がすごく好きなので、チーム感や家族感が感じられるこの作品は非常に思い出深いです」と語り、2021年に公開予定のシリーズ最新作の前にもう一度dTVで過去作を見ておさらいしたいとコメントした。

現在、dTVでは「デッドプール」「猿の惑星」「ダイ・ハード」など人気シリーズをはじめ、『24 -TWENTY FOUR-』『プリズン・ブレイク』『LOST』といった大ヒット海外ドラマなど約300タイトルが追加配信中。

2021年1月1日(金)には「空飛ぶタイヤ」「映画 賭ケグルイ」「人魚の眠る家」「ジョーカー・ゲーム」「去年の冬、きみと別れ」などの話題作約200タイトルが追加される。

池田美優(みちょぱ)コメント全文

「ナレーションの原稿を見たときに私が普段から頻繁に使っている言葉や語尾だったので、収録は非常にやりやすかったです。
また、dTVを実際に使用してみて、思ったより作品が多くあって驚きました。特に最初のトップページに特集でいろいろ分かりやすく置かれていたので、恋愛系の作品を見たいときは『胸キュン作品特集』、泣きたいときは『泣ける作品特集』を選べば簡単に見つかるなと思ったので、すごい使いやすかったです。ここ数年で好きな作品が『ワイルドスピード』なので、dTVで全シリーズが見れることが分かって、テンションが上がりましたね(笑)。勝手にただの車の映画だと思ってましたが、実際に観てみたら仲間想いの映画で、チーム感や家族感も感じられて、すごく思い出に残っている作品の1つです」

dTVに関する情報まとめサイト:https://info.dtv.jp

<dTV利用方法(月額550円(税込))>
dTV WEBサイト(https://video.dmkt-sp.jp)から会員登録
視聴デバイス:テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能