佐藤健を起用したギャツビーの新ブランドムービー公開!「本当に念願が叶った」

エンタメ総合
2021年02月08日

佐藤健が、ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」の新イメージキャラクターに決定。WEB限定ブランドムービー「カッコいいは、変わる。」が、2月8日(月)より公開された。

今回公開されたブランドムービーのコンセプトは「変化の肯定」。佐藤健が「カッコいいをつくったのは誰?」と問いかけるシーンから始まり、最後に「次は、誰が変える?」と問いかけ去っていく映像となっている。

ムービー内で最も体力的にハードだったのが、床の部分に仕込んだランニングマシンで全力疾走するシーンだという。佐藤は半径2メートルの大型送風機から吹き出す風速40メートルの強風を浴びながら、ワンテイクにつき5〜20秒間、距離にして100メートル以上を、10テイクほど繰り返す場面があった。

そのシーンは本来もっと遅い速度で撮影される予定だったが、「全力で行きます」という本人の一声で、エンジン全開のトップスピードで走ることに。スタッフにどんどんスピードアップするように要求しながら、飛んでくる雑誌や衣服が顔にバシバシと当たるのも物ともせず、一心不乱に走り抜いたそうだ。

つんのめって転びそうになるも、瞬時にリカバリーするシーンもあるが、実はこれは「映画のスター?」というナレーションに合わせ、「途中で何かワンアクション起こった方がいい」という佐藤自身からの提案による演出だったという。

迫力あるアクションが話題となる作品に数多く出演し、ワイヤーアクションの経験値も高い佐藤。監督の「宙に浮かんでいく時、力強く上がっていくように見せるためには、どういうふうにしたらいいか?」という相談にも、的確な提案を行い、ダイナミックなシーンを演出することに成功している。

なお、今回は映画「るろうに剣心」シリーズのスタッフたちがアクションシーンをサポート。佐藤も全幅の信頼を寄せる精鋭揃いなだけに、演者と呼吸を合わせてワイヤーを操作するタイミングも絶妙で、見事なチームワークを発揮していたそうだ。

今回の発表に際して、10代の頃からギャツビーのCMが大好きだったという佐藤は「この仕事を始めてからも、どんなCMをやりたいのかと聞かれた時『ギャツビーのCMをやりたいです』と答えていたぐらいだったので、本当に念願が叶った」と喜びを語っている。インタビュー全文は、次ページを参照。

動画

GATSBYブランドムービー「カッコいいは、変わる。」

  1. 1
  2. 2