「私が女優になる日_」相手役に犬飼貴丈、一ノ瀬颯 脚本は人気漫画家・青木琴美

エンタメ総合
2021年06月26日

TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」のメンバーに選出された10人による演技バトル番組『私が女優になる日_』(TBSほか 毎週(土)深0・58~1・28)で、7月3日、10日の2週に渡って人気漫画家・青木琴美が書き下ろしたラブコメ脚本で熱い演技バトルが繰り広げられる。

このプロジェクトでは、幅広い世代に人気の俳優・タレントが所属する「田辺エージェンシー」と、数多くの番組、ドラマ、映画から、アイドルや楽曲などさまざまなエンターテインメントを手掛けてきた秋元康がタッグ。TBSからは、人気ドラマ『半沢直樹』『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』『テセウスの船』『恋はつづくよどこまでも』ほか数々のヒット作を手掛けてきたドラマ制作陣が参画して、共に『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』のメンバーを選出し、デビューまでを全面的にサポートしていく。

毎週オリジナル脚本による演技課題が彼女たちに出され、自分で撮影する課題演技の動画と、スタジオで審査員の前で行う演技バトルで審査。審査員の投票ポイントの累積でランキングがつけられる。

7月3日、10日の2週に渡って使用するオリジナル脚本は、「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」といった多くの代表作を持ち、幅広い世代の女性から支持を得ている人気漫画家の青木琴美が担当。青木が書き下ろした胸キュンなオリジナル脚本と、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の一部分を演じる。

さらに、この胸キュン脚本の相手役には、犬飼貴丈と一ノ瀬颯が出演。犬飼は2012年の「第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。2014年に俳優デビューし、『仮面ライダービルド』など多くの作品に出演。TBSでは、今年1月放送の火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』で主人公の幼なじみを演じ、NHK大河ドラマ『青天を衝け』にも出演が決定している。

一ノ瀬は2019年に『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でデビュー。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』や、昨年10月期放送の火曜ドラマ『この恋あたためますか』など注目作に出演している。

審査員は、脚本を手掛けた青木、今後番組でオリジナル脚本を手掛けるバカリズム、『半沢直樹』シリーズや『恋はつづくよどこまでも』など幅広いジャンルのTBSドラマの演出を務める田中健太が担当する。

さらに番組をもっと楽しむために、7月3日(土)後3時からスペシャル番組『私が女優になる日_』が放送される。

『私が女優になる日_』は、地上波の放送、バーティカルシアターアプリsmash.の「収録ドキュメンタリー」のほか、ディレクターズカットの完全版を動画配信サービス「Paravi」で配信。また、地上波で放送しきれなかった演技バトルは公式YouTubeチャンネル「私が女優になる日_」で公開中。

『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』
TBSほか
2021年7月3日、10日(土)深1・08~1・38

番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/watajo_tbs/

この記事の写真

©TBS