室龍太主演、麻央侑希、高田翔ら出演舞台「春風外伝2021」開幕 舞台写真&コメント到着

エンタメ総合
2021年10月21日
©春風外伝2021製作委員会

室龍太が主演を務める舞台「春風外伝2021」が10月21日(木)に開幕。初日直前にゲネプロが行われ、舞台写真とコメントが到着した。

本作は、史実的にもライバル関係にあったと言われる尾張藩の藩主・徳川宗春と八代将軍・徳川吉宗のエピソードを大胆にアレンジして、エンタメ要素をたっぷり盛り込んだ“ジャンク歌舞伎”として作り上げた時代劇。八代将軍・徳川吉宗(麻央侑希)が主導した享保の改革。庶民たちは質素倹約を求められ、なぜか娯楽までもが過度に抑え込まれていた。だが、この行き過ぎた娯楽規制は、将軍吉宗が自ら命令を下したのではなく、吉宗に仕える忍者、服部半蔵(高田翔)の仕業だった。尾張藩の藩主・徳川宗春(室)は、娯楽=エンターテインメントを再び庶民たちの手に取り戻すべく奮闘する。

14年、15年に上演された舞台「春風外伝」は、時代劇の魅力をふんだんに盛り込みつつも、タップ、ラップ、ストンプなど現代のパフォーマンスを巧みに融合した演出で大好評を博した。そんな会心作が新たなキャスト・スタッフを迎えて、6年ぶりに待望の再演を迎える。

脚本は前回に引き続き、劇作家・脚本家で劇団ホチキス代表の米山和仁。演出は、シチュエーションコメディーを得意とし、今作からの参加となる野坂実が務め、女将軍吉宗と宗春の対立をよりドラマティックに、より大胆に演出する。

また、近年話題の作品に次々と参加し、演劇的な世界観を創り出すことに定評のある梅棒がエンターテインメント総合振付を担当。2021年版の「春風外伝」は、梅棒の振付によってよりダイナミックに、よりエネルギッシュにパワーアップする。

主演は、舞台での活躍目覚ましく、今年6作目の舞台出演となる室。ほか、元宝塚歌劇団星組男役スターの麻央、舞台出演を重ね、確かな演技力を見せている高田翔をはじめ、櫻川めぐ、倉知玲鳳、南海キャンディーズの山崎静代、THE CONVOYの石坂勇など、さまざまなジャンルからキャストが集結している。

室龍太 コメント

緊急事態宣言も明けコロナ禍が落ち着いてはいますが、まだまだ気は許されない中で無事に初日を迎えられることを大変うれしく思います。
今回初めて新国立劇場に立つプレッシャーもありますが、座長として45人という大きなカンパニーを任せられた以上、誰一人欠けることなく千穐楽まで引っ張っていきます。
そして今回の「春風外伝2021」は本当にハイテンションエンターテインメントという言葉がピッタリの作品となっております。
うっせぇわって思われるぐらい一人一人のパワーがすごいです。
そんな最高のカンパニーでお客様に最高の作品をお届けいたしますので、お時間ある方はぜひとも劇場までお越しください。

麻央侑希 コメント

主演の室くんの背中を見て、出演者全員が命懸けで駆け抜けたお稽古期間を経て、ついにお客様へこの“春風外伝2021”をお届けできます!!
また舞台上で男役ができる喜び、そして後半は私自身といたしましては挑戦が多い、徳川吉宗役。
お客様に見終わった後に、生きてるってこんなに幸せなんだ! って気持ちになれる超ド級エンタメをぜひお楽しみください!!

高田翔 コメント

春風外伝2021! 幕が開きます!!
エンターテインメントがたくさん詰まったこの作品。
ストーリーの展開、ダンスに歌、コントなど稽古からかなりハードにやってきました。そして、普通の舞台ではなかなか無い舞台装置をかなり使用しており、とても華やかで大掛かりなことをしております。とてもパワフルでエネルギッシュなこの作品をお客様が楽しんでいただけるよう、そして自分自身もこの作品を最高に楽しんでやっていきたいです。こうして初日を迎えれること、そして板の上に立てることをしっかりとかみ締めて無事に最後まで誰一人と欠けることなく、突っ走っていきたいと思います。

公演情報

「春風外伝2021」
2021年10月21日(木)~25(日)新国立劇場 中劇場

公式HP:http://legendstage.jp/shunpu_2021/
公式Twitter:@shunpu2021

©春風外伝2021製作委員会

この記事の写真