7 MEN 侍・本髙克樹&今野大輝「ROCK READING『ロビン』」開幕で「“緑のワンポイント”を身に着けて来て」

エンタメ総合
2021年10月22日
(写真左から)カズマ・スパーキン、今野大輝、本髙克樹、ROLLY、鈴木勝秀©ROCK READING『ロビン』/撮影:伊藤智美

ROCK READING『ロビン』~『ロビン・フッドの愉快な冒険より』~」の公開ゲネプロと開幕直前取材が1020日に行われ、ジャニーズJr.内ユニット・7 MEN 侍の本髙克樹と今野大輝、ROLLY、カズマ・スパーキン、演出と脚本を務めた鈴木勝秀が登壇した。

 同作は、イングランドの義賊伝説を基にした痛快活劇「ロビン・フッドの愉快な冒険」を、ロビン・フッドとリトル・ジョンの会話劇と、2人のナレーターによる物語の進行を軸に、ロックバンドによるオリジナルロックミュージックの生演奏を組み合わせた新感覚の朗読劇。

主人公のロビン・フッドを演じるのは、昨年10月上演のROCK READING「幸福王子」で主演・王子役を務めた本髙。そして、ロビンの片腕リトル・ジョンを、同じく「幸福王子」でツバメ役を務めた今野が演じる。さらに、物語の進行の軸となるナレーター役をミュージシャンのROLLYと、タレントのカズマ・スパーキンが務める。 

本髙は「またさらにアップグレードしたものが出来たんだと実感しました」と初日を迎えた心境を告白。衣装や化粧については「“絶対に有楽町を歩いてはいけないようなこの格好”でやらせてもらえるのは新鮮な感じです(笑)」と応え、笑顔を見せた。

今野は「率直に楽しみというのが一番大きくて。稽古期間が少ない中で、ここまで完成することができました。まだ実感はないですが、お客様の前で見せることを心待ちにしています」とコメント。また、「僕も普段あまりセットする方ではないので、こうやって派手にセットしていただくと気持ちも上がります。こういうヘアセットは新鮮だし、いつもと違う自分になれたような気がしてうれしいです」と喜んだ。

また、ヘアセットについては本髙が「でも(今野の)小学生の時の写真を見ましたけど、こんな感じでしたよ」と今を変わらないことにツッコミを。今野も「昔、ダンスをやっていたこともあって…」認め、「発表会では髪の毛をセットするので、そうなるとだいたいこんな感じでしたね(笑)」と幼少期のエピソードを明かした。

また、劇中では本髙がトイピアノ、今野がアコースティックギターを弾く場面も。「最初はやる予定はなかったんですが、トイピアノが突然出てきて…(笑)、『やっていいよ』という感じだったのでやらせていただきました!」と本髙が話すと、今野も「これは僕の私物のアコギなんですけど、今回初出しです!」とアピールした。

©ROCK READING『ロビン』/撮影:伊藤智美

最後に、「こういう世の中で、舞台に立てるのは当たり前じゃないという事をあらためて感じています。第二弾をやらせていただけることも奇跡ですが、前回見に来てくださった方はもちろん今回初めて来る方も楽しめる舞台になっているので、ぜひ見に来てください」と今野。

本髙は「今回さらに音楽と朗読劇の融合性が増してよりライブに近い朗読劇となっているので、ライブに来るような感覚で見に来ていただきたいです。ロビンの仲間になったつもりで見てほしいので、何か“緑のワンポイント”を身に着けて来てくださることをオススメします!」とファンへメッセージ。劇中のポイントカラーである緑のマスクもスタッフにプレゼントしたことも明かし、「ぜひ皆さん、ロビンの仲間になったつもりでお越しください!」と締めくくった。

<公演情報>
ROCK READING『ロビン』~「ロビン・フッドの愉快な冒険より」~
20211020日(木)~31日(日)ヒューリックホール東京

出演:本髙克樹(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、今野大輝(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、ROLLY、カズマ・スパーキン

原作:ハワード・パイル「ロビン・フッドの愉快な冒険」
上演台本・演出:鈴木勝秀
音楽:大嶋吾郎

この記事の写真