ふぉ~ゆ~、舞台「BORN 2 DIE」取材会でV6との思い出も語る

エンタメ総合
2021年11月03日

ふぉ~ゆ~が主演を務める舞台「BORN 2 DIE」が11月3日(水・祝)より開幕。その前日となる11月2日(火)に行われたマスコミ向けの取材会に、メンバーの福田悠太、辰巳雄大、越岡裕貴、松崎祐介、演出の小林顕作が出席し、意気込みなどを語った。

物語は、大都会“トーキョー”のコンビニで起きた謎の密室殺人事件の真相に、生き残った1人の少年が迫っていくという内容。取材会では、メンバーがそれぞれ演じる役について説明した。越岡は「森川という警察官役です。この間まで高校生役でしたけど、今回は警察官役です」、辰巳は「吉竹少年という小学生の役です。前々回の作品では6歳児を演じたので、何の心配もなくステージに立っています(笑)」、福田は「ベアーという若者をやらせていただきます。わりと等身大の役なのでこのままやります」、松崎は「バイブという、いじられキャラでちょっと事件を起こしてしまう役です」とコメントした。

途中、昨日解散コンサートを行った事務所の先輩グループ・V6の話も。辰巳は「僕ら一度、『Mステ』にV6さんが出るという時に、森田(剛)君、三宅(健)君、岡田(准一)君がギリギリまで仕事でリハーサルに来られなくて。僕と越岡と福田が本番ギリギリのリハーサルまでダミーをやったんです。だから一瞬、V6として『Mステ』のステージで歌ったんです」と意外な思い出を披露。すると、「あの~、皆さん気になっていると思うんですけど、僕はその時、何をしてたんでしょう…?」と松崎。「多分休んでたと思います。ダミーはしっかりした人じゃないと!」と3人から返され、苦笑いを浮かべていた。

同作品は11月3日(水・祝)~8日(月)に東京・よみうり大手町ホール、11月17日(水)~12月1日(水)に東京・銀座博品館劇場、12月4日(土)・5日(日)に大阪・松下IMPホールで上演される。

作品情報

舞台「BORN 2 DIE」
2021年11月3日(水・祝)~11月8日(月) 東京・よみうり大手町ホール
2021年11月17日(水)~12月1日(水) 東京・銀座博品館劇場
2021年12月4日(土)~12月5日(日) 大阪・松下IMPホール

原作:井上三太「BORN 2 DIE」
演出:小林顕作
脚本:川尻恵太(SUGARBOY)
出演:ふぉ〜ゆ〜(福田悠太/辰巳雄大/越岡裕貴/松崎祐介)
前野朋哉 野澤祐樹(ジャニーズJr.) 楢木和也(梅棒) 田中穂先(柿喰う客)
掛川僚太 図師翔太郎 藤村聡
声の出演:三倉茉奈・三倉佳奈

公式サイト:https://event.1242.com/special/b2d

この記事の写真