Hey! Say! JUMP髙木雄也、三浦大輔による舞台初単独主演作「裏切りの街」22年3月上演決定

エンタメ総合
2021年12月10日

Hey! Say! JUMPの髙木雄也が舞台初単独主演を務める「裏切りの街」が、2022年3月に上演決定。ビジュアル写真が解禁され、キャストのコメントも到着した。

作・演出を手掛けるのは、若者の生態、現代人の悲哀、剥き出しの欲望など、人間の“リアル”を妥協なく追求した演出で、観る者の感情を揺さぶる三浦大輔。その三浦が2010年にPARCO劇場に初めて書き下ろした作品が本作だ。2020年に10年ぶりに上演予定だった本作は、新型コロナウィルスの影響で残念ながら中止に。そして今回、コロナ禍を乗り越え、来年3月待望の上演となる。

主演は「薔薇と白鳥」(2018)、「クイーン・エリザベス -輝ける王冠と秘められし愛-」(2019)、ミュージカル『ブロードウェイ銃弾』(2021)などの舞台作品でも活躍するHey! Say! JUMPの髙木雄也。

髙木が演じるのは、将来の展望もなく、現実から目を背けて、専業主婦である人妻との関係に溺れるフリーター・菅原裕一。昨年の中止を乗り越えての上演に「ファンの皆様も凄く楽しみにしてくれていた作品でしたので、改めて気合いを入れ直して、最高の作品を三浦さん及び共演者の皆さんで作り上げてお届け出来るようにします」と意気込みを語った。

裕一との逢瀬を重ねる人妻・橋本智子役には、多くの映画・ドラマ・舞台に出演、またナレーションでも活躍する奥貫薫。菅原の恋人で会社員・鈴木里美役を、ドラマ『RISKY』『ただ離婚してないだけ』や、映画「花束みたいな恋をした」など、本年10本以上の作品に出演し大活躍をみせる萩原みのりが演じる。

さらに、浩二の部下・田村修役には米村亮太朗、智子の妹・根本裕子役には呉城久美、菅原の友人・今井伸二役には中山求一郎、智子の夫でサラリーマン・橋本浩二役には村田秀亮(とろサーモン)が出演。7人の楽しみな俳優陣が集結する。

作・演出 三浦大輔 コメント

昨年上演予定だった、この公演が再び、上演されることになり、とても嬉しく思っています。まだ予断を許さない状況ではありますが。そして、初演から12年。時が経っても色褪せない普遍性が『裏切りの街』にはあるんだと思います。そのうち、古典みたいになって、僕が死んだあとも上演され続けたら。と真剣に思っています。そして、主人公の菅原裕一は、髙木雄也くんが演じてくれます。中途半端極まりない、ダメ男をどう演じ切ってくれるのか。髙木くんの新たな一面を引き出せたらと思っています。ご期待下さい。

髙木雄也 コメント

「裏切りの街」の上演が決まりました! 本来ならば 2020 年に公演をさせて頂いているはずだった作品です。
コロナ禍で中止になってしまい、僕自身もとても悔いが残っていましたが、来年 2022年に改めてチャレンジする機会を頂けることになりました。
ファンの皆様も凄く楽しみにしてくれていた作品でしたので、改めて気合いを入れ直して、最高の作品を三浦さん及び共演者の皆さんで作り上げてお届け出来るようにします! 楽しみにお待ち下さい!

奥貫薫 コメント

昨年、オンラインでお稽古をしているところで公演の中止が決まり、共演者の方にもお目にかかることなく解散となってしまったカンパニーでしたが、こうしてまた集まり、上演の機会に恵まれたことをうれしく思っています。この数年で世界は大きく変わり、人と触れ合うことや、新しく誰かと出会うことも、ままならなくなりました。それでも、人は人を求める、ということの意味を考えながら、三浦さんのもとで、共演のみなさんと丁寧に稽古を積み重ね、2022年ならではの「裏切りの街」をお届けできればと思います。

作品情報

「裏切りの街」
2022年3月12日(土)~27日(日)新国立劇場 中劇場
2022年3月31日(木)~4月3日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール

作・演出:三浦大輔
音楽:銀杏 BOYZ
出演:髙木雄也 奥貫薫
萩原みのり 米村亮太朗 中山求一郎 呉城久美 村田秀亮(とろサーモン)
企画・製作:(株)パルコ

この記事の写真