「仮面病棟」坂口健太郎、永野芽郁らの証言映像解禁 | TV LIFE web

「仮面病棟」坂口健太郎、永野芽郁らの証言映像解禁

映画
2020年02月29日
映画「仮面病棟」

 3月6日(金)放送の映画「仮面病棟」の“謎”を暴き出すキャラクター証言映像が解禁された。

 本作は、現役医師作家・知念実希人のシリーズ累計100万部突破の傑作ベストセラー小説「仮面病棟」(実業之日本社文庫)を実写映画化。主演は映画単独初主演となる坂口健太郎。ヒロインに自身初のミステリー映画に挑む永野芽郁。共演に内田理央、江口のりこ、大谷亮平、高嶋政伸らが集結する。監督は『99.9-刑事専門弁護士-』の木村ひさし。主題歌は、UVERworldが本作のために書き下ろした楽曲「AS ONE」。

 解禁されたのは、本作のメインキャラクターによる劇中の“謎”を暴き出すヒントとなる証言映像。

 映像では、ピエロの仮面を被った凶悪犯に占拠された日、当直医のバイトを務めた速水(坂口健太郎)と、そのピエロに撃たれて病院に運ばれてきた女子大生の瞳(永野芽郁)らが事件当時を回顧するような形で証言を展開。

 事件当日、田所病院の当直医バイトを、先輩医師であり亡くなった婚約者の兄である小堺(大谷亮平)から代わった速水。過去に車の事故が原因で婚約者を失った際に田所病院に緊急の搬送を断られた経験があるが、病院との因縁を否定。そして女子大生の瞳は、雨の降った事件当時コンビニ前で急にピエロに撃たれて病院へ運ばれてきたことを回想する。

 さらに、ピエロに占拠された田所病院の院長(高嶋政伸)は、なぜ通報をしなかったのか、その理由を淡々と証言。事件当日、当直医のバイトを速水に代わってもらった小堺は、速水同様に妹の死と田所病院への恨みの関係性を否定。そして何かを隠す怪しい看護師の2人、佐々木(内田理央)と東野(江口のりこ)も、田所院長同様に事件当時を淡々と振り返り、つかみどころのない証言をする。

 誰が本当の事を語り、誰が何を隠しているのか。全ての真実は劇場で明らかにされる。

■「仮面病棟」証言ファイル速水&瞳 編

■「仮面病棟」証言ファイル院長&小堺&佐々木&東野 編

映画「仮面病棟」
3月6日(金)全国ロードショー

<ストーリー>
その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された。閉じ込められたのは、一夜限りの当直医の速水と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳。密室と化した病院から脱出を試みる2人は、次々と不可解な異変に遭遇する。

出演:坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、大谷亮平 / 高嶋政伸
原作:知念実希人『仮面病棟』(実業之日本社文庫)
主題歌:UVERworld 「AS ONE」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:木村ひさし
脚本:知念実希人、木村ひさし
脚本協力:小山正太、江良至
音楽:やまだ豊
製作:映画「仮面病棟」製作委員会
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:kamen-byoto.jp

©知念実希人/実業之日本社
©2020 映画「仮面病棟」製作委員会