「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」モラトリアム真っただ中、ティモシーの場面写真解禁 | TV LIFE web

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」モラトリアム真っただ中、ティモシーの場面写真解禁

映画
2020年06月15日

 7月3日(金)公開のウディ・アレン監督最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」から、ティモシー・シャラメ演じるギャツビーの表情を切り取った新場面写真が解禁された。

 ウディ・アレン監督が現代のニューヨークへ宛てたラブレターともいえる本作。劇中では、ティモシーが裕福な生まれながら文化人気取りの母親に反発する主人公のギャツビーを、ファッション、性格など「アニー・ホール」のウディ・アレンを彷彿とさせる演技を見せている。

 解禁された新たな場面写真4点では、ギャツビーが偶然再会した元彼女の妹チャンの挑発的で生意気な態度に腹を立てる表情や、ガールフレンドのアシュレーと一緒に過ごす時間が減ることにショックを隠せない複雑な表情、アシュレーと過ごすはずだったニューヨークの街で一人寂しく街を徘徊する哀愁漂う姿、兄夫婦との久しぶりの再会で家族だけに見せるリラックスした表情が収められている。

<動画>
「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」7/3(金)全国公開/予告編

<作品情報>
「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
2020年7月3日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー

提供:バップ、シネマライズ、ロングライド
配給:ロングライド

<ストーリー>
大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった…。現代を代表するアイコニックな俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ!

<WEB>
公式サイト:https://longride.jp/rdiny/

Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.
©2019 Gravier Productions, Inc.