東山紀之主演、岡田惠和脚本で世界的ヒット作「おとなの事情」をリメイク!共演に鈴木保奈美、常盤貴子ら | TV LIFE web

東山紀之主演、岡田惠和脚本で世界的ヒット作「おとなの事情」をリメイク!共演に鈴木保奈美、常盤貴子ら

映画
2020年07月03日

映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」

東山紀之主演、岡田惠和脚本で世界的ヒット作を日本版にアレンジした映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」が2021年1月8日(金)に公開されることが決定。鈴木保奈美、常盤貴子ら共演キャスト陣も解禁された。

「おとなの事情」(原題:Perfetti sconosciuti/17年公開)は、イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞に輝き、世界中で大ヒットを記録。中国、韓国、フランス、ドイツ、ロシアなど18か国でリメイクされ“世界で最もリメイクされた映画”といわれている。

世界各国共通の「おとなの事情」のルールはただ一つ。「スマホのロックを解除し、届く電話・メールの内容は全員に公開すること」。パーティに参加した全員が、バレたら夫婦関係も友情も即崩壊の秘密を抱えながらゲームに参加する。なんとか自分の秘密だけは死守しようと知恵をめぐらせている間にも、とんでもないメールが皆の眼前で届いてしまう。

日本版にアレンジされた本作で、主人公のモテない独身男・小山三平を演じるのは、東山紀之。映画主演は「小川の辺」以来10年ぶりとなる。当初東山は別の役での出演をオファーされたが、脚本を読み「この役ならぜひ!」と自ら志願したという。

共演には、鈴木保奈美、常盤貴子、益岡徹、田口浩正、木南晴夏、淵上泰史と演技派が集結。彼女たちが演じるのは、全員が秘密を抱えた、世代の異なる夫婦。鈴木と益岡が演じる50代のセレブ夫婦、常盤と田口が演じる40代の倦怠期の夫婦、木南と淵上が演じる30代の新婚カップルが、それぞれが絶対にバレてはいけない“おとなの事情”を抱え、互いに暴き合う。

監督を務めるのは、『101回目のプロポーズ』などの光野道夫。脚本は『ちゅらさん』『ひよっこ』などのNHK連続テレビ小説のほか、映画・ドラマ・舞台で数々の名作を生み出してきた岡田惠和。岡田の手によって、世界を沸かせた男女7人の群像劇は、イタリア版「おとなの事情」や各国のリメイク版とは異なる日本ならではの“おとなの事情”が盛り込まれて生まれ変わる。なお本作は、岡田が令和元年秋の紫綬褒章を受賞して以来、初めて手掛けた作品となる。

  1. 1
  2. 2