クォン・サンウVS裏社会の暗黒棋士たち「鬼手」全員濃すぎる!キャラクター映像解禁 | TV LIFE web

クォン・サンウVS裏社会の暗黒棋士たち「鬼手」全員濃すぎる!キャラクター映像解禁

映画
2020年07月08日

映画「鬼手」が、8月7日(金)より全国公開される。それに先立ち、クォン・サンウ演じる孤高の天才棋士、そして彼を取り巻く裏社会の暗黒棋士たちの囲碁バトルスキルをスペックで解説したキャラクター映像が解禁となった。

血のにじむような修行によって精神と肉体を極限まで鍛え上げた孤高の棋士が、道場破りのごとく強敵たちとの熾烈な囲碁バトルを繰り広げていく本作。時にカンフー映画かと見紛うプロットと、奇想天外な囲碁シーンが満載だ。2014年に韓国でスマッシュヒットを飛ばした「神の一手」(チョン・ウソン主演)の系譜を受け継ぎつつ、さらに激しく進化させた物語を展開している。

主演は、本作のために3か月以上トレーニングを行い、6キロ以上の筋肉を増量、体脂肪9%という驚異的な肉体で天才棋士を熱演したクォン・サンウ。そして、キム・ヒウォン、キム・ソンギュン、ホ・ソンテ、ウォン・ヒョンジュン、ウ・ドファンらが、その独自の世界観を支えるキャラクターたちを演じている。

今回、解禁となった映像では、それぞれの囲碁スキルをスペックで解説し、個性あふれるキャラクターを紹介している。主人公のグィス(クォン・サンウ)は、修行を経て5点満点中「読み5、攻撃力5、交渉力3」の高スペック。一方それを補うべく相棒となる、トン先生(キム・ヒウォン)は「読み1、攻撃力1、生存力5」で、卓越した話術と情報力の多さで生き残りをかける。

幼い頃のグィスの師匠ホ・イルド(キム・ソンギュン)は洞察力抜群で、基盤のすべてを暗記することを説いた。そのほか、猛スピードで列車が迫ってくる鉄橋上で死闘を繰り広げる釜山の雑草(ホ・ソンテ)、「読み3、攻撃力3」だが霊能力を操る長城の占い師(ウォン・ヒョンジュン)など、強敵たちとの囲碁バトルの行方が気になること間違いなし。

さらに、劇中でグィスへの復讐に燃えるウェトリ役を演じたウ・ドファンは、囲碁盤の裏に硫酸を仕込み、囲碁を人の命を奪う道具とする冷血なキャラクターを怪演。「もともと『神の一手』の大ファン。今回の作品ではさらに痛快なアクションシーンが登場し、絶対にやりたいと思った」と意気込みを見せている。そんな彼は、7月6日(月)に兵役の義務を果たすため入隊したばかり。しばらくは活躍を見られなくなる分、ファンには必見の作品と言えるだろう。

囲碁用語で“相手の意表を突いて、肺腑をえぐる鋭い手”を意味する「鬼手」(きしゅ)。鬼の手を使う者と、囲碁にとりつかれた者たちの生死を賭けた予測不能の闘いを、スクリーンで堪能することができる。

<動画>
映画『鬼手』全員濃すぎる!キャラクター映像解禁!

<作品情報>
「鬼手(キシュ)」
2020年8月7日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

出演:クォン・サンウ キム・ヒウォン キム・ソンギュン ホ・ソンテ ウ・ドファン
監督:リ・ゴン

配給:ツイン

<ストーリー>
父が自ら命を絶ち、母にも捨てられた貧しい少年グィスが、最愛の姉まで失って天涯孤独の身になってしまう。そんなグィスが地獄のような現実を生き抜く唯一の術は、生前の父から伝授された囲碁だった。
ある一匹狼の棋士にその才能を見込まれたグィスは、山寺での猛特訓によって類いまれな潜在力を開花させ、心身共にたくましい大人へと成長。やがて下山して裏社会のスゴ腕棋士たちを次々と撃破したグィスは、姉を死に追いやった悪魔のような最強棋士ファン・ドギョンへの復讐を果たすため、人生のすべてをかけた大決戦に身を投じるのだった……。

<WEB>
公式サイト:https://kishu-movie.com/

©2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED