浜辺美波、初キスシーンに「自分からのキスじゃなくてよかった」『ふりふら』七夕祭りイベント | TV LIFE web

浜辺美波、初キスシーンに「自分からのキスじゃなくてよかった」『ふりふら』七夕祭りイベント

映画
2020年07月08日

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

8月14日(金)公開の映画「思い、思われ、ふり、ふられ」のリモート七夕祭りイベントが開催され、主演の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二、監督の三木孝浩が浴衣姿で登壇した。

イベントでは、全国から選ばれた45人の学生たちとリアルタイムでリモート中継を実施。文化祭や部活、イベントなどが中止になり、夏休みも短縮され、学生生活ならではの青春の思い出作りが難しくなった学生と「ふりふら」キャストが思い出に残る特別な七夕を過ごした。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

リモート中継ということで、観客との距離感に一同は緊張の面持ち。浜辺は「みんな自由で同じ血液型。性格が同じ感じで、楽ちんです」と撮影時から居心地が良かったことを明かした。浴衣姿に対して、北村が「おきれいですね」と伝えると、赤楚が「ありがとうございます!」と答え、浜辺は「今日イチ面白かった!」と笑顔を見せた。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

ちょうど3年前に浜辺と北村が初共演した映画「君の膵臓をたべたい」の完成披露が行われたことが司会者から明かされると、「大人になっちゃって」と笑い合う二人。3年前と今のお互いの印象について浜辺は「北村さんはびっくりするぐらい変わらないですね。精神的には大人っぽい方だと思っていたので、頼り甲斐のあるお兄さんだな、と」話しつつ、最近の北村について「悟りを開らかれたのかな、さらに。最近達観されてらっしゃって、すごく面白いです。人生観とか語り出したりして」と。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

一方、北村は「(浜辺は)会うたび花が咲いていくような。昔はお互い壁を作るようなタイプだったので、なかなか会話もない中、それがまた『キミスイ』でいい距離感を作っていたりもしたんですが、今となってはなかなか面白い」と語り「最近SNSを始められたと思うんですけど、猫のスタンプが永遠に増えていくやつとかをあげてらっしゃって。年々シュールさが増してらっしゃる」と笑った。

全国の学生のお悩みや願い事をかなえるコーナーでは、誕生日の学生に4人がバースデーソングを歌うシーンも。ハモリのパートを歌った北村に対し、浜辺が「ハモってる人がいた!さすが!」と称賛すると、北村は「これ僕毎回ハモるって決めてるんです」とアーティストとしての一面をのぞかせた。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

「将来の夢がなかなか決まらなくて、出演者の方が将来の夢を決めた時のお話を聞きたいです」という学生の問いに、福本は「初舞台のお仕事は自分の中でも大切なものになっていて、その仕事があったからお芝居が楽しいって思えたし、自信にもなった瞬間でした」と回答。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

赤楚は「最初にこの仕事やりたいと思ったのが高校一年生の時。その頃、人を楽しませるのが好きで、人をどうやったら楽しませるか、家族をどうやったら幸せにできるかっていうのを考えた時に、『家族4人で映画観てたな。あ、映画の世界に入ろう』と思って将来の夢を決めました」と夢を決断した瞬間を明かし、「何がしたいとか、何が好きとか突き詰めたら選択の幅も広がるんじゃないかな」とアドバイスした。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

「キスシーンの撮影の時にいつもどんなことを考えながら撮影しているんですか?」との問いには、浜辺が「私も質問したい!」と乗っかる形に。「どんな気持ちでやってらっしゃるんですか?」と問い詰められた北村は「なんでよ!」とタジタジになりながらも「まずしっかり歯磨きをすること。それと、適度に緊張する」と真面目に回答した。

さらに「でも僕、人生でファーストキスがドラマなんですよ。小学校5年生の時に。その時に母親の前でキスシーンをして。それが11歳の時にあるので、無の境地に…自分の気持ちを芝居で覆いかぶす、みたいなところまできてます」と明かすと、浜辺は「私はまだその境地に達せてないですね」と話した。

今回が初キスシーンだったという浜辺は「自分からのキスじゃなくてよかったな。どんなんなんだろう、みたいな。テストってチューするのかな?」と戸惑いもあったようだが、「でも北村さんは『あ、じゃあこれはしなくていいんですね、分かりました。本番だけやりま~す』みたいな」とキスシーン時に北村が淡々としていたことを暴露。北村が「そんなんじゃないでしょ!嘘?そんなんだった?」と慌てると、すかさず三木監督が浜辺に対する北村の気遣いだったとフォローした。

最後に浜辺は「この映画は刹那的な青春の中で、この4人のはかない恋を描いています。この映画を観ると、こんなに青春ってキラキラしていて、まぶしくて、輝いているんだってあらためて感じるような作品かなと思います。今、こういういろんなことがあって、イベントだったりがなくなっていた方も、夏の思い出になるような、そんな作品になったらいいなという思いもあります。この『ふりふら』という作品は、学生の皆さんの青春を応援する映画になっていると思います。この4人の青春の日々を劇場に観に来ていただいて、感じていただけたらなと思います」と。

北村は「まずは学生の皆様を少しでも元気にできる、笑顔にできる作品になればという思いもありますし、学生のころを思い出すような年代の皆様にもあのときのキラキラした毎日を思い出せる、すごく温かくも切ない、そして前に進める映画でもあるな思っています。こんなときだからこそ公開するべきだったんじゃないかと本当に僕もうれしく思いますし、この作品が早くみんなの元に届いて、たくさんの笑顔がこの日本にあふれることを願っています」とメッセージを送った。

「思い、思われ、ふり、ふられ」リモート七夕祭りイベント

作品情報

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」
2020年8月14日(金)全国公開

原作:咲坂伊緒『思い、思われ、ふり、ふられ』(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:三木孝浩
脚本:米内山陽子、三木孝浩
出演:浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二

<WEB>
公式サイト:https://furifura-movie.jp/
公式Twitter:@furifura_movie https://twitter.com/furifura_movie
公式Instagram:@furifura_movie https://www.instagram.com/furifura_movie/

©2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ©咲坂伊緒/集英社