名作ずらり!「映画ドラえもん」38作品がTELASAで一挙配信 | TV LIFE web

名作ずらり!「映画ドラえもん」38作品がTELASAで一挙配信

映画
2020年07月11日

ドラえもん

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で、8月7日(金)の「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開を記念して、7月11日(土)から、映画ドラえもん38作品が一挙配信される。

配信されるのは、1980年公開の第1作「映画ドラえもん のび太の恐竜」から、シリーズ史上最高興行収入53・7億円を記録した2018年公開の第38作「映画ドラえもん のび太の宝島」までの38作品。

「映画ドラえもん のび太の宝島」は、今年公開される「映画ドラえもん のび太の新恐竜」を手掛けた監督・今井一暁×脚本・川村元気のコンビによるもの。星野源による“ドラえもん愛”にあふれた主題歌「ドラえもん」と、泣ける挿入歌「ここにいないあなたへ」も大きな話題を呼んだ。

さらに「TELASA」では、テレビシリーズの『ドラえもん』も常時70作品を配信中。

「ドラえもん」TELASA特設ページ:https://web.videopass.auone.jp/c/doraemon/

映画情報

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」
2020年8月7日(金)公開

<あらすじ>
のび太が見つけた1つの化石…
何とそれは恐竜のたまごだった!
そこから生まれたのは、双子の新種の恐竜。 ちょっと頼りないキューとおてんばなミュー。
のび太は親のように愛情たっぷりに育てるが2匹はあっという間に成長し、現代で生きていくには限界を迎えてしまった。
そこでキューとミューを元の時代に返すため、ドラえもんたちと一緒に《白亜紀》へ出発!
恐竜が絶滅したという時代で待ち受ける、キューとミュー、そしてのび太たちの運命は―。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1980-2018