三吉彩花×阿部純子「Daughters」上海国際映画祭で上映決定!アジア新人賞部門に選出 | TV LIFE web

三吉彩花×阿部純子「Daughters」上海国際映画祭で上映決定!アジア新人賞部門に選出

映画
2020年07月21日

9月18日(金)に全国公開の映画「Daughters」が、第23回上海国際映画祭で上映されることが決定。また、日本映画で唯一、アジア新人賞部門に選出された。

本作は、東京・中目黒でルームシェア生活を送る二人の女性を主人公に、妊娠、そしてシングルマザーとして出産という人生の決断を通して、友情、仕事、家族、過去への固執と現実など、現代の女性の揺れ動く心情にフォーカスしたヒューマンドラマだ。

脚本・監督は、本作が初の長編作品となるファッションイベント演出家・映像作家の津田肇が務める。妊娠した友人をそばで見守る小春役には、三吉彩花。小春のルームメイトで、悩みながらもひとりの女性から母親になる決断をする彩乃役には、阿部純子。二人がW主演で、仕事も遊びも充実した毎日を送る27歳の親友同士を瑞々しく演じている。

そんな本作が、7月25日(土)より開催される第23回上海国際映画祭で上映されることが決定。「最も美しい映像!」という賛辞と共に、日本映画としてただ1作品だけ、アジアの新しい才能に光を当てる「アジア新人賞部門」にも選出された。

津田監督は「『Daughters』の主人公の二人を通し、素直に頼ることができ、絆を確かめ合うことのできる存在の大切さについて考えるきっかけが広がることを祈っています」と思いを語っている。コメント全文は、下記を参照。

さらに本作の写真展が、中目黒蔦屋書店にて8月9日(日)まで開催中。フォトグラファー・横山マサトが撮り下ろした26枚の写真を楽しむことができる。そのほか、本編映像を今回のために津田監督が特別編集した映像の上映や、ムビチケ、オリジナルステッカーの販売も実施中だ。「Daughters」は、9月18日(金)より全国順次公開となる。

<津田肇監督 コメント>
コロナウイルスの感染拡大で、世界の様々な映画祭が中止となっている中、上海国際映画祭のアジア新人賞部門に「Daughters」がノミネートされたということ、映像美を評価いただいているということをお聞きし、大変嬉しく思っております。そしてこの最中、開催をご決断された上海国際映画祭に対し、敬意を表します。
今年は、世界中で多くの方が、人生の大きな変化・試練に直面したはずです。「Daughters」の主人公の二人を通し、素直に頼ることができ、絆を確かめ合うことのできる存在の大切さについて考えるきっかけが広がることを祈っています。

<作品情報>
「Daughters」
2020年9月18日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

脚本・監督:津田肇
出演:三吉彩花、阿部純子、黒谷友香、大方斐紗子、鶴見辰吾、大塚寧々
主題歌:chelmico「GREEN」

配給:イオンエンターテイメント/Atemo

<ストーリー>
中目黒。桜が並ぶ川沿いのマンションの1室で暮らす友人同士の小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。共に27才。ライフスタイルの似ている二人は、よく働き、よく遊び、自由を謳歌したルームシェア生活を送っていた。そんな生活に、変化が訪れる。
突然、彩乃からの妊娠の告白。そして、父親のわからないその子供を、産む決意をする彩乃。楽しかった二人だけの生活は、少しずつ変わっていく。過去を振り返りながらも変化を受け入れる彼女達を、小春側の視点で描く、苦くも美しい10ヶ月の物語。

<WEB>
公式 HP:https://daughters.tokyo
公式 Instagram:https://www.instagram.com/daughterscinema/
公式 Twitter:https://twitter.com/daughterscinema
公式 Facebook:https://www.facebook.com/daughterscinema/

©「Daughters」製作委員会