「君が世界のはじまり」松本穂香×金子大地×ふくだ監督のインタビュー映像が到着 | TV LIFE web

「君が世界のはじまり」松本穂香×金子大地×ふくだ監督のインタビュー映像が到着

映画
2020年07月30日

映画「君が世界のはじまり」が、7月31日(金)より全国公開される。それに先立ち、松本穂香、金子大地、ふくだももこ監督の3人が見どころを語る、特別インタビュー映像が到着した。

本作は、ふくだももこ監督の原点となる短編小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を再構築し、一本の映画にしたものだ。脚本は「リンダリンダリンダ」「もらとりあむタマ子」などを手掛けた向井康介。「おいしい家族」以来、ふくだ監督と二度目のタッグとなる松本穂香が主演を務めた。

この度、解禁された映像では、楽しげに本作の見どころを語り合う3人の姿が映し出される。見どころについて、「6人それぞれ描かれていることが(他の多くの映画と)違う」と語る松本の言葉に、金子も「みんなが主役に見えるような、そういう新しさがある」と同意。これまでにない青春群像劇に仕上がっている点が魅力であると、作品をアピールした。

また、自身が演じた役柄について、松本はまさかの裏話を告白。なんと、「(ピース)又吉さんみたいな喋り方で」と演出を受けていたのだとか。「言った!言った!」とふくだ監督も楽しそうに当時を思い出しており、前作に続いてのタッグとなった2人の信頼関係の強さが伺える。

金子は、台本を読んだ時から自身が演じたキャラクター・伊尾とシンパシーと感じていたようで、「共感できる部分があった」と明かした。

自分の青春時代を映画にも投影したという、ふくだ監督。役者がそんな自分の青春の思い出をどう演じてくれるのか、楽しむことを意識して作り上げたという。魂を焦がす青春映画の新たな傑作となった本作は、いよいよ7月31日(金)より全国公開される。

<動画>
インタビュー映像

  1. 1
  2. 2